島根県では、平成23年より土砂災害により被害を受けるおそれのある区域について、土砂災害防止のための対策に必要な基礎調査を実施し、この調査により土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)を明らかにしてきました。
 大田市においては、市内各まちづくりセンターでの区域図面の閲覧やハザードマップなどで基礎調査結果をお知らせしてきたところです。
 この度、島根県において土砂災害防止法の趣旨に基づき、人命優先を図るため土砂災害特別警戒区域の指定を早急に進め、土砂災害に強い県土づくりをより一層推進する方針を示しました。
 つきましては、土砂災害特別警戒区域指定に関しまして、島根県、大田市合同で下記のとおり住民説明会を開催いたします。

●2月 2日(金) 19時00分 大屋まちづくりセンター
●2月 6日(火) 19時00分 馬路まちづくりセンター
●2月 9日(金) 14時00分 大国まちづくりセンター
●2月13日(火) 19時00分 静間まちづくりセンター
●2月16日(金) 19時00分 温泉津まちづくりセンター
●2月20日(火) 14時00分 宅野まちづくりセンター
●2月23日(金) 19時30分 大代まちづくりセンター

【下記地区での説明会は終了しました。】

久手、波根、朝山、富山、長久、鳥井、五十猛、大田、川合、山口、多根、池田、志学
久利、大森、水上、祖式、湯里、福波、井田、仁万