大田市出身でコマツ女子柔道部に所属する大野陽子選手が、9月20日~9月27日までアゼルバイジャンのバクーで開催される世界柔道選手権大会に、女子70キロ級の日本代表として出場されます。

現在、合宿中の大野選手にかわり、お父様の友幸さんが市役所を訪れ、楫野市長に出場の報告をしました。
大野選手のお父さんと談笑する市長

大野選手は柔道をしていたお父様の影響もあり、6歳の時に大田少年柔道教室で柔道を始めたそうです。
「よい報告ができるよう、世界で頑張ってほしい」と友幸さん。市長は「郷土の選手ががんばってくれていると思うと感動を覚える。応援しています」と話し、最後に激励金をお渡ししました。
大野さんに激励金を渡す市長

激励金の制度については、総務部総務課のページをご覧ください。
http://www.city.ohda.lg.jp/ohda_city/city_organization/25/34/185