ブロック公民館について

 大田市では、平成21年4月から、各町に設置されていた公民館がまちづくりセンター(※1)として衣替えし、市内7つのブロックごとに「新たな公民館」を設置しました。
(※1 まちづくりセンターは市長部局まちづくり定住課の所管)

<背景>

  1. 人口減少や高齢化の中、各地域での活動が難しくなり、複数の地域をひとつのエリアとし、互いに協力して各種の活動をしていこうとする市の施策(ブロックを基本とするまちづくり)に沿うものです。
  2. 平成20年6月に社会教育法が改正され、更なる社会教育行政の基盤強化および社会教育の推進が求められています。

<公民館業務の基本方針>

  1. 専門的で質の高い社会教育の実施
     ◇ 市政全般にわたる課題(人権・同和問題や環境問題など)をテーマとする活動。
     ◇ 市内7つのブロックごとの課題をテーマとする活動。
  2. 学社連携・融合機能の充実
     ◇ 地域の教育力向上や学校支援に資する活動。
     ◇ 次代を担う人材育成に資する活動。
     ◇ 図書館、隣保館などの社会教育関連施設との連携。
  3. 生涯学習活動への支援
     ◇ まちづくりセンターで開催される学習活動等の支援。

公民館一覧

7つの公民館はこちらのとおりです。