大田浄化センター

  施設の概要

       
       
全体計画
 
処理対象人口
17,000人
 
計画汚水量(日最大)
8,600m3
 
処理方式
膜分離活性汚泥法
 
計画流入水質
BOD
240mg/L
 
計画処理水質
BOD
15mg/L

処理フロー

大田浄化センター「汚れた水をきれいにするしくみ」

膜分離活性汚泥法の特徴


 現在の下水処理は、微生物のかたまり(活性汚泥)の働きで下水の汚濁物を分解浄化し、最終沈殿池で活性汚泥を沈殿させて上澄み水を処理水として放流する方式が主流となっていますが、「膜分離活性汚泥法」は分解浄化後の下水を微細な穴のある膜でろ過する方式です。浮遊物質を除去できるとともに、大腸菌を通さないことから高度に浄化された処理水となります。さらに、従来の方式よりも省スペースで維持管理が容易などのメリットがあります。