螺灯(らとう)と鉱夫の衣装がモチーフのマスコットキャラクター「らとちゃん」。螺灯とは、かつて石見銀山の間歩(坑道)でも使われた、サザエの殻に油を入れて火を灯す明かりのこと。恥ずかしがり屋さん、だけどいったん「火」がつくと、ソコヌケに明るい性格なのだとか…。頭に揺れる小さな炎で、人々の心や地域の未来に明かりを灯します。

※デザイン・愛称共に、全国公募により決定しました

【デザインの使用にあたってのご注意】
マスコットキャラクター「らとちゃん」とロゴタイプを使用される際の申請書など「使用取扱規程」と、「デザインマニュアル」を掲載しています。

個人の私的な使用の際は自由にお使いいただけます
これらのデザインは広く市民の皆さんに使用していただきたいと考えています。
ただし、個人が私的に使用する場合を除き、申請等が必要です。

詳しくは下記の「デザイン等使用取扱規程」をご覧ください