ごみの分類と出し方

ごみは表のとおり分けて出してください。
詳しくは、下記の『大田市ごみの分け方、出し方ガイドブック』をクリックしてご覧ください。

家庭ごみ 資源物 Aグループ(あき缶、廃乾電池、水銀体温計)
Bグループ(ガラス瓶、ペットボトル)

Cグループ(ダンボール、新聞、その他の紙、
布類、紙パック)

プラスチック製容器包装
燃やせるごみ 
家庭不燃ごみ 
家庭不燃粗大ごみ 
事業ごみ  

pdfファイル「大田市ごみの分け方、出し方ガイドブック」をダウンロードする(PDF:18420.302KB)

※出し方の注意

  • 収集日、持込日は、資源物・ごみカレンダーを参照してください。
  • 収集日の当日「資源物ABC」「プラスチック製容器包装」と「家庭不燃ごみ」は、朝8:00までに、「燃やせるごみ」は朝8:30までに決められた収集場所に出してください。
  • プラスチック製容器包装、燃やせるごみ、不燃ごみは、分別して指定袋に入れ、名前を書いて出してください。
  • 指定袋に入らない家庭不燃ごみ(2m×1m×1m以内のもの)は、不燃粗大ごみとして「家庭不燃粗大ごみ処理券」を貼って家庭不燃粗大ごみ収集日(年2回)に出すか、直接持ち込みしてください。

※自己搬入について

  • 指定袋に入らない燃やせるごみは、直接持ち込みしてください。
  • プラスチック製容器包装を直接持ち込みするときは、必ず「プラスチック製容器包装用の指定袋」に入れて持込んでください。

市では収集も処理もできないごみがあります。専門の処理業者又は販売店で引き取ってもらってください。

「大田市ごみの分け方、出し方ガイドブック」はホームページでもご覧になれますが冊子が必要な方は、環境政策課又は温泉津支所、仁摩支所へご連絡ください。