大田市では、行財政改革の一環として、平成18年度に定員適正化計画を策定して以来、2次にわたり同計画を策定する中で、早期退職者の確保、新規採用の抑制などに取り組み、職員の定員の適正化を進めてきました。

 しかしながら、今後も、大田市を取り巻く行財政環境は厳しい状況が続くものと予想されるため、引き続き定員の適正化を進め、行財政運営の効率化を図る必要があります。

 このため、第2次大田市定員適正化計画の満了に伴い、改めて職員数の検証を行い、職員の適正な定員管理を図り、効率的で良質な市民サービスを提供することを目的として、新たな定員適正化計画を策定しました。

 計画期間は平成27年度から平成31年度までの5年間です。