平成30年1月までのご意見など

 意見の内容

市道の草刈の依頼をしたところ、市役所の回答は「現場調査には行くが、するかどうかは分からない。予算がないためほとんどの場合は断っている」と言われた。世界遺産があるのに、あっちもこっちも草だらけ、こんなに汚い道路では観光客も来ないのではないか。

 回答の内容

市道の草刈りは、現在、市内を19地区に分け、116路線132kmの草刈りを業務委託しています。そのほかの路線についても道路愛護事業として、地元自治会の皆さまのご協力により、草刈りをしていただいています。また、草刈りを行っていない路線で通報などにより依頼を受けた場合は、通行に危険であるかないかの現地確認を行い、危険な場合は職員が草刈りを実施しています。市道は1716路線、総延長971kmと路線数、延長とも多くあります。限られた予算内で行っていますので事情をご理解いただき、市民の皆さまのご協力をお願いいたします。
(所管課:土木科維持係 電話0854-83-8102)

 

 意見の内容

まちづくりセンターは市役所の出先機関ですか、その役割は何ですか?

 回答の内容

まちづくりセンターは大田市役所の機関であり、政策企画部まちづくり推進課が所管しています。 そして、主に次の事業を行っています。
1.地域課題の解決に向けた活動支援に関すること。
2.まちづくり活動の支援に関すること。
3.公民館活動の連携に関すること。
4.身近な行政サービスに関すること。
5.市行政事務の連絡に関すること。
6.その他まちづくりに関すること。
引き続き、市民の皆さまのご支援、ご協力をお願いいたします。
(所管課:まちづくり推進課 電話0854-83-8031)

 

平成29年10月までのご意見など

 意見の内容

各種計画における意見募集の中で、「パブリックコメント」という用語を使用されているが分かりづらいのではないか。使用目的と使用するに至った経緯を説明いただきたい。
また、使用する際には注釈をつけてはどうか。

 回答の内容

パブリックコメント制度は平成17年の行政手続法の改正により、地方公共団体にも努力義務として規定された制度で、現在は、国、島根県および県内の多くの市町村において実施されています。
大田市では、市民の皆さまの市政参加の機会を拡充し、市政運営における公正の確保と透明性の向上に資することを目的として、平成22年より実施しています。
今後は、皆さまにとって分かりやすいものとするため、可能な限り「パブリックコメント(意見公募手続)」と表記するよう努めます。(所管課:総務課法令係 電話0854-83-8012)

 

意見の内容 大田市には公立の小学校がいくつあり、その所在地や学級数、児童数、連絡方法、校長名などをホームページで調べようとしたが分からない。広報のあり方を検討してほしい。 
回答の内容 これまで、市のホームページには小中学校一覧として、学校名・所在地・電話番号の掲載を行っていましたが、これに加え、学校毎の児童生徒数、クラス数を掲載することにしました。また、一覧からは各学校のホームページに一部リンクできますが、今年度いっぱいを目途に、全校のホームページのリニューアルを行い情報提供の充実に努めます。
(所管課:教育部総務課 電話0854-83-8121)