大田市と邑智郡総合事務組合は、平成34年度から燃やせるごみの広域処理を行うため、新しいごみ処理施設を、邑智郡総合事務組合が所有する「邑智クリーンセンター(川本町)」の敷地内に整備することにしました。

 また、広域処理の事務について、平成29年度より、大田市が邑智郡総合事務組合へ事務の委託をしました。

事務の委託

 邑智郡総合事務組合への事務の委託については、法律の規定に基づき、平成29年3月定例市議会において提案を行い、議決されました。

【※事務の委託は、地方公共団体の事務の一部の管理及び執行を、他の地方公共団体に委ねることにより、行政運営の効率化・合理化を図る制度です。】

pdfファイル「事務の委託に関する規約」をダウンロードする(PDF:150.466KB)

 今後は、事務を受託した邑智郡総合事務組合が主体となって、平成34年度からの施設稼働に向けて、施設整備等を進めて行きます。

 大田市の意見等については、邑智郡総合事務組合との連絡会議において調整を図っていきます。

 皆さまのご理解とご協力をお願いします。

新可燃ごみ共同処理施設整備構想のあらまし

 pdfファイル「新可燃ごみ共同処理施設整備構想あらまし」をダウンロードする(PDF:2867.069KB)