妊娠がわかったら、市役所増進課へ妊娠の届出をしてください。
妊娠の届出には、医療機関でもらった「妊娠届出書」をお持ちください。
妊娠届出書がない場合は、窓口でご自身で記入していただくこともできます。

窓口では、妊娠届出に基づき、妊娠・出産・育児の一貫した健康記録として活用する母子健康手帳と大田市のサービスについての冊子等をお渡ししています。
合わせて、妊婦健康診査受診票をお渡しいたします。

母子健康手帳は、温泉津、仁摩支所でもお渡しすることができます。

≪大田市に転入された妊婦さんへ≫

前住所地で交付された母子健康手帳はそのまま使用できます。
妊婦健康診査受診票は大田市の受診票に交換が必要です。
前住所地で交付された受診券は、医療機関で利用できませんので、大田市に転入されたらすぐに交換を行ってください。
大田市のサービス等の冊子も合わせてお渡ししています。
 
 

妊娠届の際には、妊婦さん本人の個人番号(マイナンバー)と本人確認が必要です

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の運用開始に伴い、妊婦さん本人の個人番号(マイナンバー)と本人確認が必要となります。
 
1.妊婦さん本人が届け出をする場合
個人番号カードをお持ちの方
 個人番号カード1枚で、個人番号と本人確認ができます。
 
個人番号通知カードをお持ちの方
 通知カードの他に、妊婦さんの本人確認ができるものが必要です。
  
2.妊婦さん本人以外(代理人)が届け出をする場合
 以下の3点が必要です。
 ・妊婦さん本人の個人番号がわかるもの
 ・委任状
 ・代理人の本人確認ができるもの
  
※本人確認ができるものとは
顔写真つきのもの1点
(運転免許証、旅券、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、在留カード等)
または
顔写真なしのもの2点
(健康保険証、年金手帳、児童手当証書、母子健康手帳等)