災害に備えて――「避難所」「防災マニュアル」など

災害から身を守るためには、日頃から防災に対する「意識と備え」が大切です。災害に関する情報に注意を払い、状況に応じた迅速で的確な行動に努めましょう。

「指定緊急避難場所」、「指定避難所」
 指定緊急避難場所とは、災害が発生するおそれがある時や災害発生時に、緊急的に避難し、身の安全を確保する場所です。  災害の種類ごとに指定していますので、災害状況に合わせて避難してください。
 指定避難所とは、地震、風水害など大きな災害が発生し、又は発生するおそれがあり、多数の避難者が想定される場合に、大田市災害対策本部が災害の規模、地域の状況を判断し、開設するものです。
 なお、災害の種類と状況によっては、開設しない避難所があります。大田市が発令する避難に関する情報に注意して、適切な避難をしてください。
「避難準備・高齢者等避難開始」・「避難勧告」・「避難指示(緊急)」とは
 災害時または災害が発生するおそれがある時に、市民の皆さんに「避難準備・高齢者等避難開始」「避難勧告」「避難指示(緊急)」を発令する場合があります。                                                                                   「自らの身を守る」ために、これらの違いをあらかじめ理解しておきましょう。                                                                                                              人的被害の可能性は、【避難準備・高齢者等避難開始】→【避難勧告】→【避難指示(緊急)】の順に高くなります。
防災マニュアル
災害発生時等に、まず迅速に災害から逃れ、安全に避難するため、地域の身近なエリアで安全な避難所を各世帯や各自治会で話し合い、決めておきましょう。
外国人住民(がいこくじん・じゅうみん)の皆(みな)さんへの情報提供(じょうほう・ていきょう)
外国語(がいこくご)による情報提供(じょうほう・ていきょう)や生活相談(せいかつ・そうだん)など