アクセシビリティガイドライン

誰にでも利用しやすいホームページを目指した大田市公式ホームページ作成上の基本指針

基本方針

大田市ホームページ(http://www.city.ohda.lg.jp/で始まるページすべて。以下「当ホームページ」)は、大田市が市民の皆様の暮らしに役立てていただくことを目的に情報の提供を行い、なおかつ、市民の皆様だけでなく、多くの人々に大田市の魅力を知っていただくための情報の提供を行います。
また、正確で迅速な情報の提供を目指すとともに、年齢や身体的条件、閲覧している環境に関わらず、多くの利用者が同様に利用できるような、ウェブアクセシビリティについて配慮されたホームページであることを目指します。

アクセシビリティーとは

2004年6月に、Webアクセシビリティを規定する「WebコンテンツJIS」《JIS X8341-3 ウェブコンテンツJIS(正式名称「高齢者・障害者等配慮設計指針−情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス−第3部:ウェブコンテンツ」)》が制定されました。また世界的なホームページの仕様としてW3C(World Wide WebConsortium)が良く知られています。これにより、自治体・公共機関や公共性の高い企業などのサイトでは、ホームページのデザイン以上に、バリアフリーなホームページへの取り組みが急速に進んでいます。行政機関のホームページでは、利用環境や利用方法が違っても、誰もが利用でき、しかも使いやすいホームページ(情報のユニバーサルデザイン)を実現する必要があります。

大田市ホームページシステムについて

大田市では、様々な利用環境や利用方法の方がアクセスされることを考慮したホームページを作成するため、「ホームページ作成ガイドライン」(以下「ガイドライン」という。)を定めています。
このガイドラインの基本は、「利用者に優しいホームページづくりをする」ということにあります。利用者の通信環境や機能に関わらず、支障なくアクセスでき、かつ必要な情報が容易に入手できるよう心がけていきます。

当ホームページのシステム更新にあたっても、「WebコンテンツJIS」に配慮したアクセスブルなサイト構築が、システム的に自動的に、そしてスムースに行えるよう、様々な工夫や機能追加を行ってきました。
以下に、その具体的な機能の例をあげます。

  1. 画像の代替説明(alt属性)・・・・画像の上にマウスを当てると表示される説明文視力の不自由な方は、音声ブラウザ(音声読み上げソフト)を利用してホームページを閲覧します。そのために、画像には、alt属性やわかり易い文字による説明をつけるようにしました。
  2. 文字の大きさ
    視力の不自由な方や高齢者にも配慮し、極端に小さな文字は使わないようにします。
    利用者の意思で自由に文字の大きさを拡大し、そして標準の大きさに戻せる機能があります。
  3. タイトルやタイトル概要(タイトルの説明文)
    閲覧者は、あらかじめタイトルやタイトル概要(タイトルの簡単な説明文)を見て、そのページがどんな内容のページなのかを判断し、見たい情報と判断したらクリックしてページに入ります。そのため、タイトルやタイトル概要を設け、利用者の立場にたって、わかり易く簡潔なコメントを付けるようにしました。

このようにシステムを新しくし、機能を追加したとしても、WebコンテンツJISは、決してシステムだけでは解決しません。
肝心なのはあくまでもサイト管理運営者の意識や取り組みが一番重要と考え、今後もわかりやすい情報発信に努めます。

ホームページ作成ガイドライン
大田市マークこの記事に関するお問い合わせ先

大田市役所 政策企画部 政策企画課

〒694-0064 島根県大田市大田町大田ロ1111番地
電話番号:0854-82-1600(代)ファックス:0854-82-6667メールでのお問い合わせ