平成29年秋季火災予防運動を実施!

 

火災予防運動の目的

この運動は、火災が発生しやすい時季を迎えるに当たり、火災予防思想の一層の普及を図り、もって火災の発生を防止し、高齢者等を中心とする死者の発生を減少させるとともに、財産の損失を防ぐことを目的としています。 

防火標語

  • 平成29年度全国統一防火標語
    『火の用心 ことばを形に 習慣に』

実施期間

 平成29年秋季全国火災予防運動ポスター
   平成29年11月9日(木)から11月15日(水)までの7日間 指さし消太

  • 火災予防運動イベント情報  

     日時  場所 内容 
     11月9日(木)
    10:00~
    ケアハウスビラおおだ
    デイサービス 
     あゆみ保育園幼年消防クラブによる鼓笛隊の演奏他、火災予防広報活動としてチラシ等の配布
     11月10日
    ~11月20日
     大田中央図書館  消防ライブラリーとし、消防防災に関する資料や図書の展示
     11月11日(土)  大田市総合体育館 大田市危険物保安協会主催火災予防スリッパ卓球大会を開催 
     11月13日(月)
    10:00~
     池田保育園周辺 池田保育園園児による防火パレードの実施 
     11月14日(火)
    10:00~
    鳥井保育園周辺  鳥井保育園園児による防火パレードの実施
     11月15日(水)
    10:00~
     波根保育園周辺  波根保育園園児による防火パレードの実施

           (天候により変更あり)

取組内容

  •  住宅防火対策の推進

    1. 住宅用火災警報器の設置、適正な維持管理をしましょう。
      • 大田市火災予防条例により平成23年6月1日より、すべての住宅において住宅用火災警報器の設置が義務化になりました。市内においても、設置していたために大事に至らなかった事例があります。(住宅用火災警報器の詳しいことはこちら
      • もしもの時に備えて、日頃から点検しましょう。(点検方法住警器
    2. 住宅用消火器を始めとした住宅用防災機器を設置しましょう。 消火器
    3. 寝たばこは絶対にやめましょう。
      1. 死者が発生した住宅火災で最も多い出火原因は「たばこ」です。
        「寝たばこ」、「吸い殻の処理の不始末」、「喫煙時の火源落下」が原因のほとんどです。適切な方法で喫煙していれば火災の発生を防止できるものです。
      2. たばこは、布団やベッドの上では絶対に吸わないようにしましょう。
      3. 灰皿に吸い殻を溜めずに、定期的に捨てるようにしましょう。
      4. 吸い殻を捨てる際は水をかけ、完全に消えているのを確認してから捨てましょう。
  • 放火火災防止対策の推進

    • 放火は全国の火災原因の第1位で、火災原因の約2割を占めています。   放火火災対策には、屋外に可燃物を放置しないことや、自動車やバイク等のボディカバーに防炎品を使用するなどの対策をとるほか、町内会・自治会・事業所など一体となり協力体制を確立し,放火されにくい地域環境をつくりましょう。
      放火火災
  • 特定防火対象物等における防火安全対策の徹底

    • 高齢者や障がい者等に対する火災情報の伝達及び避難介助に配意した避難誘導体制を確立し、その実態に応じ、夜間において火災が発生した場合を想定した消火、通報及び避難訓練の実施をするなど、防火管理体制の充実を図りましょう。

    • 火災が発生した場合に避難経路になる通路、階段等の管理を適切に行うとともに、煙の拡散、延焼拡大の防止に重要な役割を果たす防火戸、防火シャッター等の維持管理を徹底するため、自主的にチェックする体制を整備しましょう。

    • 老朽化消火器の破裂事故等が起きています。消防用設備等の適正な維持管理を徹底してください。
    • 高齢者や障がい者等が入居する福祉施設にあっては、防炎物品の徹底を図るとともに、家具や布団シーツ等についても防炎製品を使用しましょう。
  • 多数の観客等が参加する行事に対する火災予防指導等の徹底

    • ガソリンの貯蔵・取扱いについて (pdfファイルチラシはこちら
      1. ガソリンは引火点が約-40℃と低く、タンクや金属製容器等の開口部が開いていたりすると、当該場所から離れた位置にある火気、高温部、静電気等でも、容易に火災に至る危険があります。
      2. ガソリンは電気の不良導体(静電気が蓄積しやすい液体)なので、消防法令に適合した金属製の容器等で貯蔵し、可燃性蒸気が漏えいしないよう、蓋やエア抜きを確実に締めること。また直射日光のあたる場所や高温の場所を避け、日陰の風通しの良い床面にガソリン携行缶を置きましょう。
      3. ガソリンを注油する場合は、周囲に火源となるものがないことなど、安全を確認して行うこと。また、ガソリンの漏れや溢れが生じないように細心の注意を払い、開口前のエア抜き等適正に取り扱うこと。発電機の稼働中には断じて注油しないこと。
    • 火気器具を使用する屋台等への指導 (pdfファイルチラシはこちら
      1. 消火器の準備等、火災予防条例で定める事項に加え、屋台等でガスコンロ等を使用する場合はゴムホース等にひび割れなどの劣化がないか点検すること。
      2. プロパンガスボンベを使用する場合は、直射日光の当たらない通気性の良い場所に設置し、転倒しないよう固定すること。

大田市マークこの記事に関するお問い合わせ先

大田市役所 消防部

〒694-0064 島根県大田市大田町大田イ1番地1
電話番号:0854-82-0650ファックス:0854-82-6570メールでのお問い合わせ

お探しの情報は見つかりましたが?

更新情報

広告

  • 石見銀山テレビ放送 株式会社 バナー広告