市長施政方針(平成27年3月市議会定例会)

平成27年3月市議会定例会の初日(3月3日)に行った市長の平成27年度施政方針です

施政方針を述べる竹腰市長

(はじめに)

 平成27年第3回大田市議会定例会の開会にあたり、新年度の市政運営について、私の所信を申し上げ、市民の皆さまならびに議員各位のご理解とご協力を賜りたいと存じます。私は、平成17年10月の市町合併後、新生「大田市」の初代市長に就任して以来、本市の発展に向け、全身全霊を傾けてまいりましたが、早いもので本年10月、本市は合併10周年を迎えます。この節目を迎えるにあたり、これまでの取り組みの成果を礎に、さらに諸施策を力強く推進し、未来へ着実に歩みを進めていこうと、決意も新たにしております。

 本年10月3日には記念式典を開催、年間を通じて、さまざまな記念事業も実施することとしておりますので、多くの市民の皆さまにご参加いただきたいと存じます。

 さて、この10年を振り返ってみますと、政治、経済、地方自治を巡っては急激に変化し、まさに激動の情勢下での市政運営でありました。 こうした中、私は大田市のまちづくりの“羅針盤”となる「大田市総合計画」を策定し、これを基にあらゆる分野の計画をつくり、その実現に全力で取り組んできたところであります。その結果、それぞれの施策において一定の成果を得ることができましたが、依然人口減少に歯止めはかからず、解決しなければならない課題は山積しています。

 今や日本が人口減少社会となり、地方創生・人口減少対策は国家的課題として、国・地方挙げてその動きが本格化してまいりました。本市におきましても、この動きに迅速に対応し、島根県などとの連携を図り、大田市版の「人口ビジョン」及び「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を平成27年度中に策定することとしており、本戦略に基づく大田市独自の施策や取り組みをいっそう充実・強化してまいりたいと考えております。

 私のまちづくりの基本的な考え方は、地域にあるものをどう生かすのか、自然・歴史・伝統・文化、地場産業や人材等、地域独自の資源を効果的に活用し、市民と行政の協働により「魅力あるまち」「活力あるまち」をいかに実現するかということにあり、まさに地方創生の理念と軌を一にするものであります。 新年度におきましては、地方創生に向け、大田市独自の地域資源を活かしながら、定住施策、産業振興施策を強化するとともに、引き続き総合計画に掲げた諸施策を力強く推進してまいります。

  ご承知のように、先般、宝島社が発行する人気月刊誌「田舎暮らしの本」において実施された、「第3回日本『住みたい田舎』ベストランキング」において、本市は全国1位を獲得いたしました。災害リスクが低く、安全安心、自然や歴史的資源が豊かで、定住対策や子育て支援も充実していることなどが高く評価されたもので、まさに本市が有するさまざまな魅力と、これまで取り組んできた諸施策の成果が認められた証であります。このたびの受賞を好機ととらえ、さらに「住みよいまち、住みたいまち」にふさわしい諸条件の整備に努め、本市の新たな時代を切り拓く気概と覚悟を持って、地方創生、大田市創生に取り組んでまいる所存であります。  

それでは、本定例会においてご審議いただきます諸議案の説明に先立ちまして、国の補正予算に対応した平成26年度3月補正予算に掲げております取り組みを含め、新年度の主要な施策について、「大田市総合計画」に掲げる施策体系に沿って、申し述べます。 (以下、項目の概要はPDFでご覧ください)

 

(主要施策の概要)

 それでは、本定例会においてご審議いただきます諸議案の説明に先立ちまして、国の補正予算に対応した平成26年度3月補正予算に掲げております取り組みを含め、新年度の主要な施策について、「大田市総合計画」に掲げる施策体系に沿って、申し述べます。  

第1は、「地域資源のネットワークによる活発な産業づくり」についてであります。

  pdfファイル「地域資源のネットワークによる活発な産業づくり」をダウンロードする(PDF:221.918KB)

第2は、「だれもが住みよく、安心・やすらぎを感じる生活づくり」であります。

 pdfファイル「だれもが住みよく、安心・やすらぎを感じる生活づくり」をダウンロードする(PDF:183.078KB)

第3は、「県央の中核都市にふさわしい、快適な基盤づくり」であります。

pdfファイル「県央の中核都市にふさわしい、快適な基盤づくり」をダウンロードする(PDF:207.586KB)

第4は、「石見銀山をはじめとする歴史文化を生かした創造的な人づくり」であります。

pdfファイル「石見銀山をはじめとする歴史文化をいかした創造的な人づくり」をダウンロードする(PDF:203.964KB)

第5は、「自然との共生や循環型社会を目指す生活環境づくり」であります。

pdfファイル「自然との共生や循環型社会を目指す生活環境づくり」をダウンロードする(PDF:132.952KB)

第6は「参画と協働によるまちづくり」であります。

pdfファイル「参画と協働によるまちづくり」をダウンロードする(PDF:156.048KB)

以上、6項目について概要について申し述べました。

 予算案等提案理由

pdfファイル「予算案等提案理由」をダウンロードする(PDF:126.393KB)

 市民の皆さま、そして市議会議員各位のご理解とご協力を重ねてお願い申し上げ、私の施政方針ならびに提案理由の説明といたします。 

大田市マークこの記事に関するお問い合わせ先

大田市役所 政策企画部 政策企画課

〒694-0064 島根県大田市大田町大田ロ1111番地
電話番号:0854-82-1600(代)ファックス:0854-82-6667メールでのお問い合わせ

お探しの情報は見つかりましたが?

更新情報

広告

  • 広告掲載について