施工体制台帳等の作成及び提出について(H27.4)

平成27年4月1日以降に契約を締結した公共工事において、下請契約を締結するとき。

平成2741日以降に契約が締結された公共工事(大田市発注工事)について、下請契約を締結するとき、下請金額にかかわらず、施工体制台帳の作成及び写しの提出、施工体系図の作成及び掲示が義務付けられましたので、お知らせします。

 

 これまで、施工体制を把握するための施工体制台帳並びに施工体系図の作成義務は、下請契約の合計金額が一定以上の工事のみが対象であり、小規模工事については義務付けられていませんでしたが、法改正(※)により、公共工事については下請金額の下限を撤廃し、公共工事を受注した建設業者が下請契約を締結するときは、その金額にかかわらず、施工体制台帳を作成し、その写しを発注者(大田市)に提出する必要があります。また、同様に下請金額にかかわらず、施工体系図を作成し、工事関係者及び公衆が見やすい場所に掲示する必要があります。

 

工事受注者様におかれましては、遺漏なきよう対応をお願いいたします。

 

 

 ※建設業法等の一部を改正する法律(平成26年法律第55号)により、公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律(平成12年法律第127号)が改正され、公共工事における施工体制台帳の作成等の対象範囲が変更となりました。

 

関係リンク

 品確法・建設業法・入契法等の改正について(国土交通省ホームページ)

 

参考様式

施工体制台帳参考様式

施工体制図参考様式

 

大田市マークこの記事に関するお問い合わせ先

大田市役所 総務部 管財課

〒694-0064 島根県大田市大田町大田ロ1111番地
電話番号:0854-82-1600(代)ファックス:0854-82-8944メールでのお問い合わせ

お探しの情報は見つかりましたが?

更新情報

広告

  • サンプル