「まちづくり活動」に交付金 公開プレゼンで対象事業を決定(平成28年度)

 地域力向上プログラム事業は、地域課題解決につながる皆さんの取り組みに交付金を支給する事業です。  この事業採択にあたり7月16日に公開プレゼンテーションを行い、8団体の「まちづくり活動」を対象に決定しました。

地域ブランド開発など8事業を採択

プレゼンの様子 大田市では住民の皆さんの自主的な活動による持続可能な集落づくりを進めるため、「地域力向上プログラム事業」を実施。5月19日から6月20日まで募集を行い、10団体から交付申請がありました。

 申請のあった事業の審査を行うため7月16日、大田市役所で9団体(募集終了後、1団体が申請取り下げ)が「公開プレゼンテーション」を行い、8団体の8事業を対象事業に決定しました。

採択となった団体及び事業

  • お芋開発プロジェクト実行委員会
    (お芋開発プロジェクト<第3ステージ>地域ブランド開発による持続可能な地域づくり)
  • 大代高山会
    (大代町特産品ブラッシュアップ事業)
  • とみやま探検隊実行委員会
    (空き家管理サポート事業「ふるさとサポート」)
  • 琴ヶ浜ヘルスツーリズム協議会
    (健康と観光のコラボ 琴ヶ浜ヘルスツーリズム推進事業)
  • 男の料理倶楽部
    (ピザで支える介護事業「男の料理倶楽部、出番だよ 任せとけ」)
  • 志学ホームタウンプロジェクト
    (交流・情報の拠点づくりによる「つながる」地域づくり)
  • 大田駅前通り商店街振興組合
    (大田WAIWAIにぎわい市「隆慶さん」)
  • 温泉津町歴史・文化研究会
    (第5回不言城まつり) 

 採択団体の事業概要pdfファイル「事業概要」をダウンロードする(PDF:248.793KB)をご覧ください。

対象事業は市民団体の代表者ら7人が審査し決定

審査の様子 当日は申請団体が10分間のプレゼンテーションを行い、地域の抱える課題と事業により見込まれる効果と今後の展望などを、パワーポイント等を使い説明しました。

 そして、市内の市民団体の代表ら7人の審査員が「事業実施が地域課題の解決につながるのか」「来年度以降の取り組みはどうするのか」「地域をまきこむ工夫はあるのか」など事業の詳細について質問した後、事業内容や継続性、計画性などについて採点。プレゼンテーション終了後、この採点をもとに事業採択の審査を行いました。

地域力向上プログラムとは

 地域力向上プログラム事業は市内に活動の拠点をおく、まちづくり団体が実施する、地域課題解決につながる市民に成果が還元できる事業を対象に、公開プレゼンテーションによる審査会を経て交付決定します。

 交付金の補助率は10/10、収益を伴う事業は9/10。10万円以上の事業を対象に、ソフト事業は30万円を限度に、ソフト事業を行うためのハード事業は50万円を限度に交付金を支給します。

 なお、公開プレゼン・審査会は当初、7月3日を予定していましたが、大雨により延期し7月16日に順延開催しました。

wordファイル「提出書類(申請/実績報告)」をダウンロードする(DOC:147.968KB)

ファイル「募集要領」をダウンロードする(DOCX:34.765KB)

大田市マークこの記事に関するお問い合わせ先

大田市役所 政策企画部 まちづくり推進課 まちづくり支援担当

〒694-0064 島根県大田市大田町大田ロ1111番地
電話番号:0854-83-8031ファックス:0854-82-5885メールでのお問い合わせ

お探しの情報は見つかりましたが?

更新情報

広告

  • 広告掲載について