残さず食べよう! 30・10運動

宴会時に最初の30分、最後の10分は席に座り、食べ残しを減らす運動について

歓送迎会・お花見会残さず食べよう

 

歓送迎会やお花見が多くなる季節ですね。皆さんどのようにお過ごしですか。たくさんの美味しい料理を召し上がると思われますが、残さず食べられていますか?

そこで、宴会時等において「もったいない」を心がけ、30・10運動に取り組み、食品ロスを減らしてみませんか?

らとちゃん 

 

30・10運動とは

宴会時に最初の30分、最後の10分は席に座り、食べ残しを減らす運動
(2011年度に長野県松本市が提唱)  

国内の食品ロスは、年間約632万トン(平成25年度推計)あり、世界全体の食糧援助量約320万トン(平成26年)よりはるかに多く、削減が求められています。 会食、宴会時での食べ残しを減らすために取り組んでみませんか?  

① 注文の際に適量を注文しましょう

② 乾杯後30分間は席を立たずに料理を楽しみましょう

③ お開き前10分間は自分の席に戻って、再度料理を楽しみましょう

 

司会者アナウンスの例

  1. 開会時に“30・10運動”に取り組む旨のアナウンス 『ご出席の皆様に「残さず食べよう30・10運動」をご案内いたします。30・10運動とは、宴会時における食べ残しを減らす運動です。乾杯後30分間とお開き前の10分間は自席にて料理を楽しみ「もったいない」を心がけ食品ロス削減の取り組みにご協力ください。』
  2.  閉会10分前に「自席に戻って料理を完食してください」等のアナウンス 『皆様にお知らせいたします。間もなくお開きの時間となりますので、今一度自分の席に戻り、料理をお楽しみください』  

大田市マークこの記事に関するお問い合わせ先

大田市役所 環境生活部 環境政策課

〒694-0064 島根県大田市大田町大田ロ1111番地
電話番号:0854-82-1600(代)ファックス:0854-82-6667メールでのお問い合わせ

お探しの情報は見つかりましたが?

更新情報

広告

  • 岡田塗装工業バナー画像