社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)による情報連携の開始について

7月18日から社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)による情報連携が試行運用を開始します!

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)とは

 社会保障・税番号制度(以下:マイナンバー制度)は、複数の機関に存在する個人の情報を同一人の情報であるということの確認を行うための基盤であり、社会保障、税、災害対策の分野において、効率性、透明性を高め、国民にとって利便性の高い、公平・公正な社会を実現するために、新たに国全体で始まった制度です。

マイナンバー制度による情報連携の開始について

 情報連携とは、マイナンバー法に基づき、行政の各種事務手続で提出する必要のあった書類を省略することができるよう、専用のネットワークシステムを用いて、異なる行政機関の間で情報をやり取りすることです。
 マイナンバー制度による情報連携は、平成29年7月18日から試行運用を開始し、秋ごろからの本格運用開始を予定しています。
 情報連携の本格運用が開始されると、マイナンバーを用いる事務手続において、これまで提出する必要があった書類(住民票の写し、課税証明書など)が省略できるようになりますが、当面3か月程度を予定している試行運用期間におきましては、従来どおりの書類の提出をお願いいたします。

 マイナンバー制度による情報連携の試行運用に関する情報(内閣府)はこちら(外部サイト)です。

お問い合わせ

マイナンバー総合フリーダイヤル

 マイナンバー制度に関するお問い合わせは、下記コールセンターまでお願いします。

 電話番号 0120-95-0178(無料)

 対応時間 平 日   午前9時30分~午後8時00分
          土日祝日 午前9時30分~午後5時30分(年末年始を除く)

大田市マークこの記事に関するお問い合わせ先

大田市役所 政策企画部 政策企画課

〒694-0064 島根県大田市大田町大田ロ1111番地
電話番号:0854-82-1600(代)ファックス:0854-82-6667メールでのお問い合わせ

お探しの情報は見つかりましたが?

更新情報

広告

  • 県央地域型住宅供給協議会バナー