ノロウイルスによる食中毒を予防しましょう

冬季はノロウイルスを主な原因とする感染性胃腸炎が流行します。ノロウイルスに関する正しい知識を身につけて、食中毒の予防に努めてください。

ノロウイルスとは?

ヒトに胃腸炎症状を起こすウイルスの一つで、ヒトの腸管内でのみ増殖します。

(ノロウイルスに関する詳しい情報はこちら→島根県感染症情報センターへ)

感染経路は?  

•感染者が、トイレの後の手洗いが不十分な状態で、食品に触ることにより、食品が汚染され、その食品を食べることで感染します。

•人の糞便などに含まれたウイルスが川や海に流れ出て、二枚貝の中に蓄積することがあります。これら二枚貝を生や十分に加熱しないで食べると感染します。

•感染者の便や嘔吐物の中には、大量のウイルスが含まれており、少量で感染します。ウイルスは直接的あるいは間接的に手などに付着して、二次感染の原因となります。

感染のサイクル

 症状は?  

・吐き気やおう吐を始め、下痢・腹痛などの胃腸炎症状をおこします。

・通常の場合、1~3日で治まり、後遺症はありません。

・幼児や高齢者などの場合、ひどい下痢により脱水症状をおこすことがあり、入院が必要になることがあります。

・感染すると全ての人が発症するわけではなく、症状の無い人もいます。

【注意】

症状が治まった後も、ノロウイルスが2~3週間ぐらい便の中に含まれます。

手洗いをしっかりとして、感染を広げないよう十分注意しましょう。

治療の方法

現在、このウイルスに効果のある抗ウイルス剤はありません。

脱水症状を起こしたり、体力を消耗したりしないように、水分と栄養の補給を充分に行いましょう。

止しゃ薬(いわゆる下痢止め薬)は、病気の回復を遅らせることがあるので使用しないことが望ましいでしょう。

 感染を予防するには

食中毒のサイクルを絶つ!!

1.調理する人は、用便後・調理前は、石けんを用いて手を十分洗いましょう。

2. 手洗い後使用するタオルは清潔なものを使用しましょう

3.二枚貝は、ウイルスに汚染されている可能性があるので、生食は避けましょう。

4.二枚貝を取り扱った後は、手を十分洗いましょう。また、調理器具を洗浄消毒しましょう。

5.加熱する際は、中心部まで十分に加熱しましょう。(中心温度85C゚以上で1分間以上)

6.果物・生野菜は流水で十分に洗浄しましょう

7.調理器具は使用後、洗浄消毒しましょう。

感染症のサイクルを絶つ!!

1. トイレの後、調理をする際、食事の前には石鹸と流水でよく手を洗いましょう。

2.おう吐物や汚れた衣類などを片付けるときは、ビニール手袋をして使い捨てのペーパータオルなどを利用しましょう。

3.飛び散ったウイルスを吸わないようマスクをしたり、窓を開けて空気を入れ換えたりしましょう。

4.ノロウイルスを消毒する ⇒ 汚染されたトイレや床、ドアノブなどは、塩素系漂白剤を含ませた布でふき取ります。衣類などは塩素系漂白剤または熱湯でつけ置き洗いします。(消毒用アルコールはノロウイルスに効果がありません)

関連リンク先

島根県感染症情報センター(感染性胃腸炎発生状況)

• 島根県感染症情報センター(正しい手洗い方法について)

• 島根県感染症情報センター(ノロウイルス感染症の予防)

厚生労働省(ノロウイルスに関するQ&A) 

・ノロウイルス等の食中毒予防のための適切な手洗い(動画)

•食品安全委員会(ノロウイルスに注意しましょう) 

大田市マークこの記事に関するお問い合わせ先

大田市役所 健康福祉部 健康増進課

電話番号:0854-82-1600(代)ファックス:0854-82-9730メールでのお問い合わせ

お探しの情報は見つかりましたが?

更新情報

広告

  • 広報おおだ