地域包括支援センター

〜高齢者の介護・福祉の拠点〜

いつまでも住み慣れた地域で、その人らしく生き生きとした生活を続けていけるように、地域の様々な社会資源を使って、高齢者の自立した生活に関する支援を総合的に行う中心的な機関です。本市では、平成24年4月から市役所と市民センター2階にそれぞれ窓口を設置しています。

なんでもご相談ください(総合相談支援業務)     

 

生活全般の相談窓口 

地域包括支援センターでは、高齢者の介護・福祉に関することなど、「どこに相談するのか分からない」といった悩みにも、問題に応じて適切なサービスや機関、制度の利用につなげます。

 

 

自立した生活を支援します(介護予防ケアマネジメント業務)  

健康な人でも、心身の機能を積極的に使わないと、次第に低下し、介護が必要な状態になるおそれがあります。そうならないために、みなさんの介護予防のお手伝いをします。

  

特定高齢者の方の支援について

特定高齢者と決定された方の介護予防ケアマネジメントを行います。通所型や訪問型の介護予防事業の利用について支援を行い、介護予防のお手伝いをいたします。

 

要支援1・要支援2の方の支援について

要介護認定で、要支援1・要支援2と判定された方の介護予防ケアマネジメントを行います。要支援認定者でサービスの利用を希望される場合には、ご相談ください。

みなさんの権利を守ります(権利擁護業務)    

 

日々の金銭管理などの不安に対して

自分ひとりで契約などの判断をすることが不安だ、お金の管理で困っている等、日常生活の中で支援が必要な方に対して福祉サービス利用援助事業が実施されています。
また、認知症状等により判断能力が低下した場合などには、成年後見制度を利用することが出来ます。

 
高齢者の権利を守るこれらの制度についての説明や利用支援を行います。
 

高齢者虐待の防止

高齢者虐待防止の中心的な窓口として、虐待の早期発見、把握に努め、他の機関と連携して高齢者のみなさんをお守りします。

平成29年度版 高齢者べんり帳
平成29年度版 高齢者べんり帳ができました。このべんり帳は、高齢者福祉等に関する様々な情報を掲載しています。是非、ご活用下さい。
認知症等行方不明者の早期発見にご協力ください(大田市メール配信サービスにご登録ください)
認知症等が原因で行方不明になられるご高齢の方は 、2年連続(平成 25 年、 平成 26 年) 全国で1万人 を超えています。大田市メール配信サービスに「行方不明者」の項目を追加します。ぜひ登録のご協力をお願いします。
認知症ケアパスをご活用ください。
 『認知症ケアパス』とは、認知症になっても本人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた良い環境である自宅や地域で暮らし続けられることを目指し、認知症の方やその家族、地域住民、身近に支える体制、医療や介護の人々(専門的支援)が 手をつなぐ仕組みを表したものです。
認知症サポーター 養成講座のご案内
大田市では、認知症になっても安心して暮らせるまちづくりを目指して、認知症の方を温かく見守り、応援者になっていただく認知症サポーターを養成しています。 あなたも認知症サポーターになりませんか?
地域包括支援センターのご案内
介護・福祉に関する総合的な相談窓口で、市民センター2階に設置しています。
大田市マークこの記事に関するお問い合わせ先

大田市役所 健康福祉部 介護保険課

〒694-0064 島根県大田市大田町大田ロ1111番地
電話番号:0854-82-1600(代)ファックス:0854‐84‐9204 メールでのお問い合わせ