第4回634(むさし)サミットで石見銀山ガイドの会の石原太美昭さんが最高賞の観光庁長官賞を受賞

11月13日、東京スカイツリーで第4回634(むさし)サミットが開催されました。全国各地から数字「634」にちなんだ名所や活動などの発表がありました。大田市からは石見銀山ガイドの会の石原太美昭(いしはら たみあき)さんが参加され、14組の参加者の中で見事最高賞の観光庁長官賞を受賞。11月28日には市長に受賞の報告をされました。
石原さんはプレゼンテーションの中で、世界遺産石見銀山にある標高634メートルの矢滝城(やたきじょう)山や祖式川にある矢瀧の滝が高さ6.34メートルであること、700以上ある間歩の調査番号634番目の間歩は昆布山(こぶやま)谷にあり、現在発掘作業中であることや出雲市の鰐淵寺(がくえんじ)付近が東京スカイツリーから直線距離634キロメートルとなることを紹介。鰐淵寺は武蔵坊弁慶が修行した場所といわれています。
「2年前には、矢滝城が標高634メートルであることを紹介したが、同じ内容では発表できないので、今回はいろんなところへ行って634を探した。2年前は特別賞をもらったが、今年は最高賞をいただけました」と笑顔で話す石原さん。来年迎える、石見銀山とその文化的景観の世界遺産登録10周年もしっかり全国にPRしてこられたそうです。

第4回634サミットで観光庁長官賞を受賞 賞状と盾を持つ石原さん
(左写真:右が石原さん、右写真:市長に賞状と盾を披露)

 

大田市マークこの記事に関するお問い合わせ先

大田市役所 政策企画部 政策企画課 広報広聴係

〒694-0064 島根県大田市大田町大田ロ1111番地
電話番号:0854-83-8006ファックス:0854-82-6667メールでのお問い合わせ