赤ちゃんが生まれたら

戸籍の届出(出生届)は、生まれた日から数えて14日以内に行ってください。届出先は、本籍地、届出人の所在地または生まれた場所のある市役所又は区の区役所・支所となります。

小学6年生までの児童を養育している方に支給される児童手当、4か月、1歳6か月、3歳児が対象の健康診査や歯科検診、予防接種、平成20年8月からは中学3年生までのお子さんを対象とした医療助成の制度もあります。また、赤ちゃんが生まれたら、「出生届」をお出しください。市では、この報告を元に、平成21年度から新たに助産師や保健師が直接ご家庭を訪問して、ご相談をお受けしています。

出産育児一時金(制度改正)
 平成21年10月以降の出産については、医療機関で出産時に手続きをされると、退院時に出産育児一時金相当額(42万円)を差し引いた出産費用額を医療機関に支払うことで、出産育児一時金を支給をする取扱いに変わりました。出産費用額が出産育児一時金支給額(42万円)を下回った場合は、差額を大田市国保に申請することにより支給します。
保健師・助産師訪問
乳幼児のお子さんのいる家庭に、保健師・助産師が家庭訪問します。「赤ちゃんの体重の増え方が気になる」「おっぱいについて相談したい」「お子さんの発達・発育・育児のことで気になることがある」など、お子さんやお母さんのご相談をうかがいます。
こんにちは赤ちゃん訪問事業
地域で安心して育児をするためのお手伝いとして『大田市こんにちは赤ちゃん訪問事業』をおこなっています。
出産後、訪問担当者がご自宅に訪問し、お母さんの心配なことを聞いたり、地域の子育て情報をお伝えします。
手当等
児童手当、児童扶養手当について
戸籍に関する届出・証明
相談・教室
乳幼児健診
お子さんの健やかな成長のためにも、乳幼児健診を受けてください
母子・父子家庭福祉
乳幼児等医療費助成制度
0歳〜中学校卒業まで、及び20歳未満の慢性呼吸器等14疾患群対象の方等の医療費を助成する制度です
予防接種
各種予防接種についてお知らせします。
4か月児健診(乳児健診)・1歳6か月児健診・3歳児健診