出産育児一時金(制度改正)

 平成21年10月以降の出産については、医療機関で出産時に手続きをされると、退院時に出産育児一時金相当額(42万円)を差し引いた出産費用額を医療機関に支払うことで、出産育児一時金を支給をする取扱いに変わりました。出産費用額が出産育児一時金支給額(42万円)を下回った場合は、差額を大田市国保に申請することにより支給します。

赤ちゃんを出産されるとき 

被保険者が出産をされるとき、医療機関へ保険証を提示のうえ手続きをされると、出産育児一時金を出産費用の支払いに充てるため、国保(保険者)が本人に代わって、出産育児一時金を医療機関へ直接支払います。なお、出産費用額が出産育児一時金支給額(42万円)を下回った場合は、差額の支給を大田市国保に申請してください。また、不足額がある場合は医療機関へ支払をしてください。

妊娠12週(85日)以降であれば、死産や流産でも支給します。また、複数の出産の場合は、その人数に応じて出産育児一時金を支払います。

 

《差額申請等に必要なもの》

医療機関の請求明細書、保険証、印鑑、通帳など(口座番号のわかるもの) 

《その他》

直接支払制度に対応していない医療機関で出産される場合や、出産育児一時金の直接支払いを希望されない場合は、出産育児一時金を大田市国保に被保険者が申請してください。

大田市マークこの記事に関するお問い合わせ先

大田市役所 環境生活部 市民課 保険年金係

電話番号:0854-83-8154ファックス:0854-82-9730メールでのお問い合わせ