今回の選挙について

島根県知事選挙

 告示日 平成31年3月21日(木曜日)
 投票日 平成31年4月7日(日曜日) 

 投票用紙は、白色の紙に黒色で印刷(点字用は薄黄色紙)。
 候補者の名前が印刷してあるので、備え付けのスタンプで「まるをつける欄」にまる印をつけて投票します(記号式投票)。
 ただし、期日前投票及び不在者投票は、候補者の氏名を記入する「記名式投票」になります。

島根県議会議員一般選挙

 告示日 平成31年3月29日(金曜日)
 投票日 平成31年4月7日(日曜日)

 投票用紙は、あさぎ色の紙に黒色で印刷。
 候補者の氏名を記入してください(記名式投票)。

 開票は、平成31年4月7日(日曜日)午後8時から、大田町のサンレディー大田で行います。

投票できる人

 今回の選挙で投票できる人は、次の要件を備え、選挙人名簿に登録されている人です。
・ 投票日において満18歳以上の人(平成13年4月8日までに生まれた人)
・ 平成31年3月20日現在で3か月以上、大田市内に居住している人(平成30年12月20日までに転入届を提出し、引き続き居住している人)。
 なお、平成30年12月28日までに転入届を提出し、引き続き居住している人で、期日前投票をされる場合は、市選挙管理委員会にお問い合わせください。
 また、平成30年12月29日以降に島根県内の他市町村から転入された人で、前の住所地の選挙人名簿に登録されていれば、その市町村で投票できますし、不在者投票をすることもできます。
 ただしこの場合は、引き続き島根県内に住所を有する旨の証明書等が必要です。この証明書は、3月22日(金曜日)から4月7日(日曜日)の間、市役所市民課、温泉津支所・仁摩支所市民生活課で、無料交付します。交付時間は8時30分から20時まで(4月7日は7時から20時)です。
 また今回の選挙では、入場券が届いても県外に転出をされると投票することができません。ご注意ください。

投票所入場券

 選挙人名簿に登録されている人へ投票所入場券を世帯ごとに郵送します。届きましたら投票場所や投票時間など記載内容をお確かめのうえ、投票所または期日前投票所にご持参ください。
 なお、投票所入場券がなくても投票所の受付で本人と確認できれば投票は可能です。投票所でお尋ねください。
 投票所入場券の裏面を「期日前投票宣誓書」としています。ご自宅などであらかじめ記入いただき期日前投票所へお出かけいただくと待ち時間を短くすることができます(4月7日の投票日に投票する場合は、記入する必要はありません)。

(市内で転居される人はご注意ください!)

 3月9日以降に市内で転居した人は、3月8日現在の住所地の投票区で投票することになりますのでご注意ください(投票所入場券に記載の投票所で投票することになります)。

 投票所と投票時間

・投票所 市内31箇所 (場所の確認はこちらから)
・投票時間 午前7時から午後6時まで。ただし次の投票所は午後7時まで投票できます。
      大田町第1、大田町第2、大田町第3、川合町、久手町第1、長久町、仁万・天河内の各投票所

期日前投票

 やむを得ない事情で、投票日当日に投票できない人は、期日前投票することができます。ぜひご利用ください。なお、印鑑は必要ありませんが、期日前投票宣誓書への記入が必要です。

期日前投票所> (場所の確認はこちらから)
 ・大田市役所4階小講堂
 ・温泉津まちづくりセンター
 ・仁摩支所市民室

投票期間
 いずれの期日前投票所も、平成31年3月22日(金曜日)から4月6日(土曜日)の午前8時30分から午後8時まで。
 ただし、島根県議会議員一般選挙については、3月30日(土曜日)からしか期日前投票できませんのでご注意ください。

 (投票日当日までに18歳になる人はご注意ください!)

  期日前投票当日に満18歳を迎えていない人は、期日前投票はできませんので、該当の人はご注意ください。ただし不在者投票をすることができますので、詳しくは選挙管理委員会までお問い合わせください。

 不在者投票

市外に滞在している人
 仕事などで、市外に滞在中の人は、大田市選挙管理委員会に郵便(ファックスやメールによる請求はできません。)で投票用紙等を請求し、受領後に滞在地の選挙管理委員会へ出向いて投票できます。投票用紙等請求書を以下からダウンロードし、ご利用ください。なお投票用紙等の発送は、県議会議員選挙の告示後の3月30日以降になります。

   pdfファイル「投票用紙等請求書(兼宣誓書)」をダウンロードする(PDF:171kB)

   pdfファイル「投票用紙等請求書(兼宣誓書)の記載例」をダウンロードする(PDF:210kB)

 投票用紙等請求書の請求先
  郵便番号 694-8502 大田市選挙管理委員会 (住所省略で届きます)

 この不在者投票は、やりとりを郵便で行うため、投票用紙等が届きましたらお早めに最寄りの選挙管理委員会へお出かけいただき投票してください。選挙管理委員会によって、投票できる場所や時間が異なりますので、事前に投票される選挙管理委員会へお尋ねください。
 またお送りした投票用紙に記入したり、不在者投票証明書を開封したりすると不在者投票ができなくなりますので、開封せずにお持ちください。

入院・入所中の人
 島根県選挙管理委員会が指定する病院、老人施設等に入っている人は、病院長や施設長に申し出れば、そこで投票ができます。なお、市内の指定病院や施設はこちらをご覧ください。

郵便による不在者投票
 次の障がいに該当する人で、投票所での投票が極めて困難な人は自宅で郵便投票をすることができます。ただし郵便投票をするには、あらかじめ大田市選挙管理委員会から「郵便投票証明書」の交付を受けた後、4月3日(水曜日)までに所定の投票用紙等請求書に本人が署名をして投票用紙等を請求する必要があります。「郵便投票証明書」が必要な人は、お早めに申請手続きをお願いします。

[郵便投票ができる人]
(1)身体障害者手帳の所持者で、手帳の記入内容が次のいずれかに該当する人。
  ・両下肢、体幹、移動機能障がいの1級、または2級の人
  ・心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸の障がいで1級、3級の人
  ・免疫、肝臓の障がいが1級~3級の人
(2)戦傷病者手帳の所持者で、手帳の記入内容が次のいずれかに該当する人。
  ・両下肢、体幹の障がいが特別項症~第2項症までの人
  ・内臓機能の障がいが特別項症~第3項症までの人
(3)介護保険法上の要介護者で、介護保険の被保険者証の要介護状態区分が要介護5の人

(代理投票)
 郵便投票対象者で次の障がいに該当する場合は、郵便投票(代理投票)ができます。
 手続きについては、選挙管理委員会にお問い合わせください。
  ・身体障害者手帳の所持者で上肢、または視覚の障がいが1級の人
  ・戦傷病者手帳の所持者で上肢、または視覚の障がいが特別項症~第2項症までの人

 選挙公報とポスター掲示場

選挙公報> 
  選挙公報は、4月5日(金曜日)までに市内全世帯を対象に直接郵送します。
  告示後に島根県選挙管理委員会のホームページにも掲載されますので、ご利用ください。

 <ポスター掲示場
  選挙運動用ポスター掲示場を市内205箇所に設置します。候補者はこの掲示場以外に選挙運動用ポスターをはることはできません。またポスター掲示場を壊したり、ポスターを破ったりすると法律により罰せられます。