平成30年度分の受付は4月2日から開始します。

補助金の目的

 太陽の光から電気を作り出す太陽光発電は、地球温暖化の原因の1つと言われる二酸化炭素を排出しないクリーンな代替エネルギーとして期待されています。大田市では太陽光発電システム及び蓄電池設備を設置される方に対してその経費の一部を助成し普及促進を図ります。

対象者

次の1~4のすべてに該当する個人
 1.次の(1)又は(2)のいずれかに太陽光発電システムを設置
 (1)市内に自ら所有(所有者の承諾を受けた方も含む)し、居住する住宅 (新築、既築共に可)に設置=住宅用
 (2)共同部分で使用するために市内の賃貸集合住宅(個人所有に限る)に設置 =賃貸集合住宅用
2.市税等の滞納がない
3.事業完了後から1カ月以内または平成31年2月28日のいずれか早い日まで に実績報告ができる
4.同一年度内にこの補助金の交付を受けていない
※蓄電池設備を設置する場合は太陽光発電システムと同時に蓄電池設備を設置する者

対象となるシステム

1.太陽光発電システム

次の条件のすべてに該当するシステムです。

(1)太陽電池の最大出力の合計値もしくはパワーコンディショナの定格出力の合計値が10kW未満であること。
(2)余った電力を電力会社に売電できるように連系しており、余剰電力の受給契約が結ばれていること。
(3)電力会社と電灯契約を締結していること。
(4)未使用(中古品でない)であること。
(5)市内業者との請負契約かつ施工により設置するものであること。
 
2.蓄電池設備
 

 次の条件のすべてに該当するシステムです。

(1)蓄電容量が1.0kWh以上のリチウムイオン蓄電池部及び電力変換装置を備えていること。
(2)太陽光発電により発電した電力又は夜間電力を繰り返し蓄え、停電時や電力需要ピーク時等に必要に応じて電気を活用することができるものであること。
(3)未使用(中古品でない)であること。
(4)市内業者との請負契約かつ施工により設置するものであること。

補助金額

 区分  補助額  補助上限額

太陽光発電施設

 

1万円/kW

 

4万円

 蓄電池設備

10万円 10万円

その他

〇工事着手前に申請が必要です。交付決定後に着手してください。
〇補助金は予算の範囲内で交付するものです。
〇補助金の交付を受けた方は、設備を稼働した月から2年間、補助対象設備の運転等に係る稼働状況について報告が必要です。

〇この補助金は、島根県の補助金を活用しています。

 ※平成30年度より補助の対象システム、様式等を一部変更しておりますので、ご注意ください。

 wordファイル「1-3承諾書(所有者が異なる場合)」をダウンロードする(DOCX:14kB)wordファイル「2-3承諾書(所有者が異なる場合)」をダウンロードする(DOCX:14kB)

様式ダウンロード

ファイル「(1)交付申請書」をダウンロードする(DOCX:23.824KB)

wordファイル「(1)‐2資金計画書」をダウンロードする(DOC:30.72KB)

ファイル「(1)-3承諾書(所有者が異なる場合)」をダウンロードする(DOCX:14.384KB)

ファイル「(2)実績報告書」をダウンロードする(DOCX:22.663KB)

wordファイル「(2)‐2収支決算書」をダウンロードする(DOC:30.72KB)

ファイル「(3)交付請求書」をダウンロードする(DOCX:21.022KB)

ファイル「(4)稼働状況報告書」をダウンロードする(DOCX:21.368KB)