制度概要

1.対象者

大田市に住所を有した方で、次の(1)、(2)いずれかに該当する方が対象となります。

(1)居住していた持ち家が全壊、大規模半壊、半壊となり一定期間居住することが困難な方

(2)居住していた民間賃貸住宅の貸主から、今回の地震を理由として契約を解除された方、又は解除される見込みの方

2.補助条件等

補助対象期間

入居日を含む月から起算して12ケ月以内
※ただし、平成30年4月9日から平成30年10月31日までに賃貸借契約を締結した方に限ります。

補助額

(1)月額家賃補助
○持ち家が被害にあわれた方
家賃の4/5(上限40,000円)

○借家が被害にあわれた方
従前家賃との差額に対して1/2(上限40,000円)

(2)入居に要する費用として75,000円

(1)(2)を補助します。

申請期限

平成31年4月30日まで

その他

対象となる民間賃貸住宅は、大田市内の物件に限ります。

月の中途で入居された場合、入居した月を1月として、12ケ月以内とします。

 

3.申請手続き

大田市民間賃貸住宅家賃補助金申請資格認定依頼書wordファイル(様式第1号)に、被災された住居の区分に応じた書類を添付のうえ提出ください。

持ち家の方

1.り災証明書(写し)
2.賃貸住宅の契約書(写し)
3.誓約書兼同意書wordファイル(様式第3号)

借家の方

1.り災証明書(写し)(貸主のり災証明書の写しであっても可)
2.新旧の賃貸住宅の契約書(写し)
3.契約解除証明書wordファイル(様式第2号
4.誓約書兼同意書wordファイル(様式第3号)

 申請の流れ

  手続きの流れ 事項 内容
1 申請者 賃貸住宅の契約

民間賃貸住宅の賃貸借契約を締結する。
(補助対象となる契約日は、平成30年4月9日から平成30年10月31日まで)

2 申請者 → 市 補助金資格認定の依頼

「補助金申請資格認定依頼書」及びその他必要な書類を提出する。
(申請期限平成31年4月30日まで)

3 市 → 申請者  資格認定の通知

 申請内容を審査し、認定・不認定を決定し通知する。

4 申請者 → 市 補助金交付申請書兼請求書の提出

認定通知が届いた後、「補助金交付申請書兼請求書」を提出する。請求については原則3ヶ月ごとに行う。

・家賃を支払いしたことが確認できる書類を添付
・「口座振込依頼書」で振り込み口座を指定

5 市 → 申請者 交付決定通知及び補助金の支払い

交付決定通知し、補助金を指定口座へ振り込み。

 ※契約中途で解約した場合や、契約者が変更された場合も市への届出が必要となります。

各提出様式

要綱の様式

申請者が準備するもの

 wordファイル「補助金申請資格認定依頼書」(様式第1号)(DOCX:16kB)

wordファイル「契約解除証明書」(様式第2号)(DOCX:15kB)

wordファイル「誓約書兼同意書」(様式第3号)(DOCX:15kB)

wordファイル「補助金交付申請書兼請求書」(様式第6号)(DOCX:15kB)

wordファイル「補助金申請資格消失届」(様式第5号)(DOCX:13kB)

wordファイル「口座振込依頼書」をダウンロードする(DOCX:13kB)

 り災証明書(写し)

賃貸住宅等の賃貸借契約書(写し)

家賃の支払いが確認できる書類