○赤ちゃんから

「おにぎりくん」村上康成∥作 小学館

 秋は食欲の秋。食べものの出てくる絵本は、子どもたちのお気に入り。
 リズミカルな言葉で楽しい気持ちになる絵本です。

○4才くらいから

「しろいかみのサーカス」たにうちつねお∥作 福音館書店

 絵本は、絵だけではありません。写真を使った絵本もあります。この絵本の中で、ただの白い紙がどんどん変化していく様子が楽しめます。紙で遊べるうれしい科学絵本です。

○6才くらいから

「さるかに」松谷みよ子∥作 岩崎書店

 日本の昔話の定番、「さるかに合戦」ですが、今回は滝平二郎さんの切り絵で楽しみましょう。ドキドキしたりハラハラしたりしてクライマックスまで盛り上がりましょう。