〇赤ちゃんから
『たまごさんがね・・・』とよた かずひこ∥作 童心社
 たまごが動き始めて、あらあら大変、坂をころころ転がって、とうとう割れてしまいました。でも、大丈夫。たまごさんは「しんぱいごむよう」なのです。勇気をくれる上に、ごはんがおいしくなる絵本です。

〇3歳くらいから
『わたしのワンピース』にしまき かやこ∥作 こぐま社
春になったら読みたくなる絵本の一冊です。ワンピースの柄が次々変わっていくのを、子どもたちと一緒に楽しみましょう。ハミングしたくなる絵本です。

〇5歳くらいから
『ルラルさんのにわ』いとう ひろし∥作 ポプラ社
ルラルさんは庭をとっても大切にしていました。だから入ってこようとするものたちはパチンコで追い払ってしまいます。でも、ある日のこと、庭にわにがいました。わにはルラルさんに庭の使い方を教えてくれます。おかげでルラルさんの心はあたたかくなりました。