○0歳から
『こちょばこ こちょばこ』中川 ひろたか∥文 村上 康成∥絵 ひかりのくに
 あかちゃんとのスキンシップはとっても大切ですね。あたまにタッチ、おはなにタッチ、ほっぺにタッチ。そうして、こちょばこ、こちょばこ・・・・・・。そこにいるだれもが笑顔になれるすてきなえほんです。

○3歳くらいから
『はなをくんくん』ルース・クラウス∥文 マーク・シモント∥絵 きじま はじめ∥訳 福音館書店
 静かに雪の降る森の中、動物たちは体をまるめて冬眠中です。おや?誰かが目を覚ましたようです。寝ぼけまなこで鼻をくんくん。何かに向かって走り出しました。森の動物たちがかけていった先には、そう、とてもすてきなものがあるのです。

○5歳くらいから
『まって』アントワネット・ポーティス∥作 椎名 かおる∥訳 あすなろ出版 
 朝はいつも大忙し。はやくはやくと、おかあさんはせきたてます。でも、男の子の返事はいつも「まって」。待ってほしい理由は毎回違っています。時には意外なものも。ページをめくる楽しみたっぷり味わえます。お母さんのための絵本の一つと言ってもいい絵本です。