○0歳から
『ごぶごぶごぼごぼ』 駒形 克己∥作 福音館書店
 穴あき絵本を楽しみましょう。色の変化が面白いですよ。春はせせらぎが聞こえる季節。そんな季節に、ページをめくるごとに水をイメージさせる擬音(ごぶごぶごぼごぼ、のように)が出てきます。

○3歳から
『まいごになったぞう』 てらむら てるお∥文 村上 勉∥絵 偕成社
 迷子の子ゾウは何を聞いても「あばば、うぶー」。そう、迷子の迷子のこねこちゃん状態。とうとうライオンの前に来てしまいました。さあ、子ゾウはどうなってしまうのでしょうか? 間を大切にして読んでくださいね。

○5歳から
『あかにんじゃ』 穂村 弘∥文 木内 達朗∥絵 岩崎書店
 あかにんじゃは赤いので目立ってしまって、すぐ見つかります。でも、大丈夫。たちまち何かに変身するのです。今度は何に変身するのかな? 絵をじっくり楽しみながら読むと面白いですよ。