○0歳から
『じゃあじゃあびりびり』 まつい のりこ∥作・絵 偕成社
 真っ赤でコンパクトなサイズの中に、たくさんの「音」が詰まっています。シンプルで目を引く絵はもちろん、文字の配置場所も気が利いています。そのため、まるで絵が動き出しそうです。赤ちゃんのファーストブックとして定評のある絵本です。

○3歳くらいから
『おばけパーティー』 ジャック・デュケノワ∥作 大澤 晶∥訳 ほるぷ出版
 子どもたちは、ちょっぴり怖いものが大好き。だから、おばけが出てくる絵本は大歓迎。でも、この絵本のおばけたちはちっとも怖くありません。でも、やっぱりおばけだから、色んなことが違います。そんなおばけたちのパーティーを楽しんでみましょう。シリーズもありますので、お気に召したら、そちらもどうぞ。

○5歳くらいから
『まくらのせんにん そこのあなたの巻』 かがくい ひろし∥作 佼成出版社
 登場人物たちの魅力あふれる驚きいっぱいのしかけ絵本です。次々と謎の穴に落ちていく動物たち。自分も穴に落ちたまくらのせんにんさまが「そこのあなた」に頼むしかないと言います。さて、「そこのあなた」とは誰でしょう。そして、みんなは穴から出られるのでしょうか? 擬音をたっぷり楽しみながら読んでください。