○0歳くらいから
『もうねんね』松谷 みよ子∥作 瀬川 康男∥絵 童心社
お休み前に読むのに最適の絵本です。いぬもねんね、ねこもねんね、めんどりやひよこもねんね・・・。繰り返しのリズムにうっとり眠りに誘われます。でも、子どもたちはリズムが楽しくて、何度も読んで、読んでとおねだりするかもしれませんね。ゆったりとした気持ちで読んであげましょう。

○3歳くらいから
『たまごにいちゃん』あきやま ただし∥作・絵 鈴木出版
 たまごにいちゃんはたまごのからに入ったまま。なぜなら、おかあさんに温めてもらえるから。でも、ある日、大事なたまごのからが割れてしまいます。そのとき、おかあさんは・・・。大きくなる自分と、まだまだ甘えていたい自分という子どもの心の揺れが表現されている作品です。

○5歳くらいから
『おもちのきもち』かがくい ひろし∥作・絵 講談社
 皆さんはおもちの気持ちを考えたことがありますか?たたかれて、ちぎられて、まるめられて、さんざんなんです。でも、その語り口、語尾の余韻がユーモアを生んでいます。食べられるのが怖くて逃げだした鏡餅は、走って(この姿もユーモラスなのです)逃げ出します。それから鏡餅はどうなったかは、読んでのお楽しみ。