○0歳くらいから
『もこもこもこ』 谷川 俊太郎∥作 元永 定正∥絵 文研出版
 突然、盛り上がってきた物体。まさに、「もこもこもこ」と。これが何か、とか考えるのは必要なしです。音と絵を楽しみましょう。不思議で楽しい絵本です。

○3歳くらいから
『よるくま』 酒井 駒子∥作 偕成社
 ある夜に男の子を訪ねてきたクマの子、名前はよるくま。よるくまは、いなくなったお母さんを探しているのです。
 男の子とよるくまの夜の大冒険が始まります。
 お母さんの不在と存在の大きさが心に響きます。
 お母さんのいない夜、お父さんが読んでみてはいかがでしょう?

○5歳くらいから
『おしゃべりなたまごやき』 寺村 輝夫∥作 長 新太∥絵 福音館書店
 簡単な漢字のまじった字の多い絵本ですので、ぜひ読み聞かせてあげてください。物語を楽しむことができるようになった子どもたちがワクワク、ドキドキすること請け合いです。
 たまごやきの好きな王様が、ある日、ぎゅうぎゅうのにわとり小屋を見て、かわいそうに思い、にわとりを逃がしてしまいます。すると、にわとりを逃がした犯人探しが始まります。しらばっくれる王様は、最後にどうなるのでしょうか?お楽しみに!