〇0歳くらいから
『おててがでたよ』 林 明子∥作 福音館書店
 赤ちゃんが服を着ますよ。あれあれ、あたまはどこかな?次は、おかおはどこかな?
 順々に手や足が出てきますよ。
 繰り返しが楽しく、おててがでてきたよ、というところで手に触ったりしてスキンシップもできる絵本です。

〇4歳くらいから
『キャベツくん』 長 新太∥作 文研出版
 おなかが空いたブタヤマさんがキャベツくんに出会いました。
 「キャベツ、おまえをたべる!」というブタヤマさんに、食べたらこうなるというキャベツくん。
 ブタヤマさんとキャベツくんの珍妙な掛け合い面白いユーモア絵本。子どもさんと一緒に大笑いをしてください。

〇6歳くらいから
『どろんここぶた』 アーノルド・ローベル∥作 岸田 衿子∥訳 文化出版局
 お百姓さん夫婦が飼っているこぶたはどろんこが大好き。いつも、どろんこの中にうずくまって、気持ちよく過ごしています。
 ところがある日、お百姓のおばさんが急に片付けをしだしました。どんどんきれいにするうちに、こぶたの大切などろんこもなくなってしまいます。こぶたは怒ってしまい、どろんこ探しの旅に出かけます。
 どろんこに埋まっているときの幸せそうなこぶたの顔を見ていると、こちらまで幸せになってきますよ。