○1歳から
『ノンタンおしっこしーしー』 キヨノ サチコ∥作 偕成社
 おなじみのノンタンが、おしっこのやり方を教えてくれます。
 たぬきさんたちみたいに上手にできるかな?
 失敗しながら、できるようになっていくので、気負わずトイレトレーニングにも取り組めます。
 もちろんリズミカルな言葉は、読み聞かせにもぴったりです。

○3歳から
『ぐるんぱのようちえん』 西内 みなみ∥作 堀内 誠一∥絵 福音館書店
 ぐるんぱは汚くて、臭くて一人ぼっちのぞうです。このままじゃいけないと、」ぞうの仲間たちはぐるんぱをきれいにして、働きに出します。
 でも、行く先々で失敗ばかりのぐるんぱ。
 そんなぐるんぱに、たくさんの子どもを抱えたお母さんが助けを求めます。
 一人ぼっちじゃないのは素敵なこと、それを教えてくれる絵本です。

○5歳から
『しろいうさぎとくろいうさぎ』 ガース・ウィリアムズ∥文・絵 松岡 享子∥訳 福音館書店
 子どもにはわかりにくいかな?だって、これは愛の物語だから。
 でも、今、わからなくてもいいのです。とても優しい思いやりに満ちた愛を美しい絵が語りかけ、心を育てる糧になるのですから。だから大人になっても読んでいくことができるのです。