○0歳から
『もこ もこもこ』 谷川 俊太郎∥文 元永 定正∥絵 文研出版
 赤ちゃんにこんな不思議な絵本がおもしろいのだろうか?と不審に思われるかもしれません。でも谷川俊太郎さんの文と元永定正さんの絵があいまった魅力的な世界が赤ちゃんも引き付けるのです。言葉のリズムを楽しみながら、読んでみてください。

○3歳から
『いちにちじこく』 ふくべ あきひろ∥文 かわしま ななえ∥絵 PHP研究所
 8月にはお盆を迎えます。そんな時気になるのが、地獄ってどんなところだろう。子どもたちは怖いものが大好きです。そこで、この絵本の出番です。何をしたら、どんな地獄に行くのか教えてくれます。これを読んだら、悪いことをしなくなるかも?大人の勉強にもなります。

○5歳から
『舌ながばあさん』 千葉 幹夫∥文 武 建華∥絵 小学館
 おばけたちがまだあちらこちらにいた頃、舌ながばあさんと朱のばんというおばけがオクヤマ岳に住んでいました。舌ながばあさんたちは山に入ってきた人間を驚かすのが大好きでしたが、なぜか人間たちが山に来なくなりました。そこで山から下りていくと・・・。舌ながばあさんたちの活躍が痛快な絵本です。