本日、大田市在住者1名の新型コロナウイルス感染症患者が確認されたとの島根県の発表がありました。
 市内確認28例目(県内1597例目)の新型コロナウイルス感染症患者の確認となります。

◆患者に関する主な情報

 患者さんの情報、発症および感染確認の経過、検査以前の行動歴につきましては、島根県からの発表(外部サイト)にあります下記のとおりです。

 ・1585例目の接触者として検査し、陽性が確認された。
 ・検体採取日2日前(9/25)からの期間、不特定多数との接触は無く、接触者は把握できている。
 ・検体採取日2週間前の調査期間に、県外移動歴無し。

◆今後の大田市の対応

 ・市役所庁舎のほか、学校や保育園等の市の施設におきましては、平常どおり対応いたします。
 ・市の施設につきましては、感染予防対策の徹底について、引き続き取り組んでまいります。

◆感染防止対策のお願い

 ・県内および市内では、これまでと比べ、60代未満の比較的若い世代での感染例が多くなっています。
 ・県外との往来が影響し、家庭内のほか職場や地域活動等で広がるケースも見受けられます。島根県では、[県民の皆様へのお願い」(外部サイト)として、感染が拡大している県外地域への往来を控えることや感染対策の徹底などについての要請をしていますので、みなさまのご協力をお願いします。

 ・大田市内ではワクチン接種が進んでいます。ワクチンには感染や重症化の予防に効果が認められており、市内全体での接種率向上が感染防止に重要となります。
 ・また、ワクチンは自他への感染を完全に防ぐものではないため、マスク着用などこれまでの感染防止対策にも、引き続き取り組む必要があります。

 ・感染防止対策やワクチン接種の進展は、それぞれ、みなさまの大切な人を守るために重要なことです。引き続き、感染防止対策にご協力をいただきますようお願いします。

◆市民のみなさまの冷静な対応へのお願い

 ・市としましては、県による感染源の調査への協力や感染拡大防止の徹底に、全力で取り組んでまいります。
 ・また、感染拡大防止のために、その都度、正確な情報を発信してまいりますので、正しい情報に基づき、引き続き冷静な行動と、感染拡大防止へのご協力をお願いいたします。
 ・現在県では、感染のおそれが高い濃厚接触者だけでなく、感染拡大を未然に防止するために、必要に応じて、接触があった方などに幅広く検査を実施しています。
 ・そのため、検査を受けたということだけで、出勤、登園、登校をしないように求めること、ましてや、検査を受けた方のご家族など、関係者までに、そうしたことを求めることは、過剰な対応となりますので、控えていただきますようお願いいたします。

◆人権への配慮のお願い

 ・新型コロナウイルス感染症は、誰でも感染する可能性があります。個人を特定する行為や、感染者への誹謗中傷が広がると、今後、保健所への情報提供や、感染や症状を名乗り出ることを控えるなどの悪影響が生じ、ひいてはより広い感染拡大に繋がりかねません。
 ・心無い誹謗中傷や差別などの不適切な対応はもとよりですが、たとえ、自分や周囲の人の感染を避けようとするための善意であっても、個人を特定する行為や、本当かどうか分からない噂話を広げることは、感染拡大防止への悪影響となります。
 ・重ねてとはなりますが、市としましても、感染拡大の防止に必要な情報は、その都度、発信してまいりますので、市民のみなさまには、冷静な行動と人権への配慮をお願いいたします。

◆問い合わせについて

 ・体調に不安がある際に、かかりつけ医がいない場合や、受診を迷われる場合は、島根県が設置しています新型コロナウイルス感染症健康相談コールセンター(電話番号0854-84-9810)にご相談ください。
 ・また、一般的な相談については、市の健康増進課の相談窓口(電話番号0854-83-8184)もご活用ください。

以上、よろしくお願いいたします。