AEDってなに?

AEDAutomated External Defibrillator)とは、“自動体外式除細動器”のことです。
事故や病気などで突然、心臓が停止したときに電気ショックを与え、正常な状態に戻す医療機器です。
AEDは、平成16年7月から一般市民でも使用することができるようになり、現在では多くの人達が集まるところに設置されるようになりました。

 AED操作1

なぜAEDが必要なの?

心臓突然死は、心臓が細かくふるえる“心室細動(しんしつさいどう)”により引き起こされます。
心臓は通常規則正しく収縮していますが、心臓突然死は心臓の筋肉がバラバラに細かく収縮するため、心臓から全身に血液が流れなくなり、急速に死に至るとても危険な状態なのです。
その時の唯一の治療は、いち早い電気ショックによる除細動です。その電気ショックを与える器械が“自動体外式除細動器”すなわちAEDなのです。
 

バッテリーや電極パッドは定期的に交換を

バッテリーや電極パッドには、使用期限や寿命があることをご存知ですか。

とっさの時にAEDを正常に使用するため、次の点に注意して下さい。

  1. インジケータの確認  
    AEDには、異常を知らせるためのインジケータ(表示小窓)が付いています。バッテリーの異常もここに表示されます。日常点検として、インジケータを確認しましょう。
  2. 電極パッドの交換
    AEDの電極パッドは使わなくても、時期が来れば交換が必要です。使用期限は袋に表示されています。適切に交換しましょう。

※ご不明な点は、お手持ちのAEDの購入店か、メーカーにお問い合わせ下さい。