pdfファイル「応急手当講習申請書」をダウンロードする(PDF:72kB)救命講習の種類消太2

◇普通救命講習Ⅰ

 受講対象・・・小学生高学年以上の方

 受講人数・・・5名以上50名程度まで

  成人に対する心肺蘇生法とAEDの使用方法を主体とした講習です。

 【 講習時間 : 3時間 】 * 修了証を交付します。

 傷病者 驚き 

 

 ◇普通救命講習Ⅱ

 受講対象・・・小学生高学年以上の方

 受講人数・・・5名以上50名程度まで

 成人に対する心肺蘇生法とAEDの使用方法を主体とした講習です。AED設置施設の関係者の方におすすめします。

 【 講習時間 : 4時間 (筆記テスト含む) 】 *修了証を交付します。

 

◇普通救命講習Ⅲ

 受講対象・・・小学生高学年以上の方

 受講人数・・・5名以上50名程度まで

 小児、乳幼児、新生児に対する心配蘇生法とAEDの使用方法を主体とした講習です。

 【 講習時間 : 3時間 】 *修了証を交付します。

BLS

 

◇上級救命講習

 受講対象・・・小学生高学年以上の方

 受講人数・・・5名以上50名程度まで

 成人、小児、乳児、新生児に対する心肺蘇生法とAEDの使用方法に加え傷病者の管理、外傷の応急手当、搬送方法を主体とした講習です。

 【 講習時間 : 8時間 】 *修了証を交付します。 

 

◇応急手当講習

 心配蘇生法とAEDの使用方法を主体とした講習、または 病気やケガに対する応急手当の講習です。

 【 講習時間 : 1~2時間 】 *修了証はありません。 

AED 

 

応急手当web講習(e‐ラーニング)のご案内

 この講習は、インターネット上で誰でも気軽に心肺蘇生法とAEDの取扱い、異物除去などの応急手当の基礎が学べるものです。

 また、応急手当web講習を受講することで、普通救命・上級救命講習の受講時間を1時間短縮することができますので、ご活用下さい。

◇普通救命講習・上級救命講習までの主な流れ

  主な流れ 内     容
1 お申込み

普通・上級救命講習の申込みをします。(消防本部へ電話し、事前調整が必要)        

2 応急手当web講習受講

インターネットにて動画、テキスト形式で行う講習を受講します。(救命講習を受講する日の概ね1ヶ月以内) 

3 受講証明書発行

応急手当web講習の修了テストに合格すると発行される受講証明書を印刷します。もしくはスマートフォン、タブレットで、表示画面を保存します。 

4 普通・上級救命講習受講

当日、受講証明書をお見せください。受講時間が1時間短縮されます。 

◇注意

 普通・上級救命講習を受講する場合は、応急手当web講習後、概ね1ヶ月以内に受講して下さい。その際に応急手当web講習修了後に表示される受講証明書が必要となります。印刷してご持参ください。スマートフォン、タブレットについては、表示画面をお見せください。

 閲覧時に通信料が発生しますので予めご了承ください。

 

◇応急手当web(e-ラーニング)講習

 応急手当web(e-ラーニング)講習をはじめるには、下記のバナーをクリックして下さい。

 応急手当WEB講習

応急手当用資機材の貸出し

 大田市内の会社や地域の団体で救急訓練を行う際に、ダミー人形や訓練用AEDを貸出します。資機材の取扱いは簡単ですが、訓練参加者の中に普通救命講習を修了された方がいることが望ましいです。

 

申し込み方法 消太1

 

 事前に希望される日を最寄りの消防署まで電話連絡して下さい。その後、下のファイルでダウンロードした「応急手当講習申請書」、「応急手当普及啓発用資機材使用申請書」に必要事項を記入の上、申請して下さい。

 

 wordファイル「応急手当講習申請書」をダウンロードする(DOC:21kB)

pdfファイル「応急手当講習申請書」をダウンロードする(PDF:72kB)

wordファイル「応急手当普及啓発用資器材仕様申請書」をダウンロードする(DOC:34kB)

pdfファイル「応急手当普及啓発用資器材仕様申請書」をダウンロードする(PDF:86kB)

消太3