進学や就職などで転出された方は、原則、現在住んでいる寮・アパートなどが住所地になります。
 住所の異動がある方は、住民基本台帳法に基づき、転出・転入の手続きをする必要があります。
 上下水道やごみ処理、道路・公園の整備などの役割は、住んでいる市町村が担っており、住民票はこうした行政サービスや選挙人名簿への登録などにつながる大切な情報ですので、忘れずに手続きをしましょう。
 詳しくは、総務省のホームページをご覧ください。