小学校・中学校

新型コロナウイルス感染症に係る小・中学校の今後の対応について(お知らせ)


大田市では、5月11日より感染症拡大予防に努めた上で、分散登校を実施し、段階的に教育活動を再開してまいりました。 本日、市役所内の対応会議におきまして、国・県の動向や県内の感染状況をふまえ、5月19日からは、教育活動を通常に戻すこととしました。
今後も感染症拡大予防に配慮した教育活動とし、児童生徒が安心して学ぶことができる環境を作ってまいります。休業中には、ご家庭にご負担をおかけしたことと思います。ご協力ありがとうございました 。

今後も社会全体が長期間にわたり、新型コロナウイルス感染症とともに生きていかなければならないとされています。 ご家庭におかれましても感染症拡大予防の取り組みを継続していただきますようお願いします。 また、引き続き、市内の小・中学校の学校運営への ご理解、ご協力をお願いいたします。

5月19日(火)以降の対応について
〇通常の授業を再開
・給食はあります。
・感染症拡大予防のため、見合わせる活動があります 。
・保護者の判断で登校を控えられる 場合は、欠席とはしません。

お願い・お知らせ
○登校前の検温、マスクの着用をお願いします。
○今年度の長期休業は短縮し、学習の機会を確保する予定です。
○部活動につきましては、感染症拡大予防に努めた上で、自校の活動のみ時間を短縮して行います。

〇今後も国・県の動向、県内の感染状況をふまえて判断してまいりますので、急な対応をお願いすることがあります。

人権を大切にするためのお願い
感染症患者、濃厚接触者、治療にあたる医療従事者やそのご家族に対する偏見や不適切な言動は、人権侵害であり、決して許されるものではありません。 特に感染された方の個人情報を探り、 間違った情報やうわさ話を広げていくことは、すべての人が安心して暮らしていくためにも間違った行為です。そこで、人権を大切にする言動について、引き続きご家庭でも話題にしていただき、子どもたちにご指導をお願いいたします。

pdfファイル「保護者あて通知(小・中学校)」をダウンロードする(PDF:144kB)