下水道排水設備責任技術者とは

 下水道等の排水設備工事の設計及び施工(管理及び監督を含む)を行う技術者のことです。
 大田市下水道等排水設備指定工事店規則では指定工事店の指定要件に責任技術者を専属で雇用することとなっています。

下水道排水設備責任技術者になるためには

 

 下水道排水設備責任技術者は、下水道排水設備工事責任技術者試験に合格された方を認定します。
 この試験の受験資格は、試験の実施日の満年齢が20歳以上(平成30年度試験の場合、平成10年11月25日までに生まれた方)であって、かつ、下記の要件のいずれかに該当する方です。

 1. 学校教育法による高等学校又は旧中学校令において、次に掲げる課程のいずれかを修了して卒業した者
  (1) 土木工学科
  (2) 土木科、農業土木科又は農業工学科
  (3) 建築科、建築工学科又は設備工学科
  (4) 衛生工学科
  (5) (1)から(4)までに相当すると会長が認める課程
  2. 学校教育法による専修学校又は各種学校において、1.に掲げる課程のいずれか修了した者
  3. 職業能力開発促進法による公共職業訓練施設において、配管科を終了した者
  4. 高等学校等を卒業した者で、次に掲げる工事のいずれかの設計又は施行に関し、試験の受験申込日において1年以上の実務経験を有する者
  (1) 排水設備工事又は排水設備工事以外の下水道工事
  (2) 水道工事
  (3) 農業集落排水施設工事又は漁業集落排水施設工事
  (4) コミュニティプラント工事
  (5) 合併処理浄化槽等工事
  5. 下水道工事等の設計又は施工に関し、試験の受験申込日において2年以上の実務経験を有する者
  6. 1.から5.までに準ずるものとして、会長が認めた者
   <例>他の都道府県の下水道排水設備工事責任技術者、上水道給水装置工事主任技術者または1・2級管工事施工管理士、1・2級配管・配管工技能士、浄化槽設備士、1・2級土木施工管理技士及び甲種1類消防設備士の国家資格取得者

 ※なお、上記の条件を満たしていても、次のいずれかに該当する方は試験を受検できません。
  (1) 成年後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権していない者
  (2) 不法行為又は不正行為等により試験の合格若しくは責任技術者としての登録を取り消され、試験の実施日において2年を経過していない者

下水道排水設備工事責任技術者試験について

 下水道排水設備工事責任技術者試験

  ◎日  時   平成30年11月25日(日)9:30~11:30
  ◎場  所   松江市学園南1-2-1
            島根県立産業交流会館「くにびきメッセ」

 受験準備講習

  ◎日  時   平成30年11月6日(火)9:00~12:00
  ◎場  所   松江市学園南1-2-1
            島根県立産業交流会館「くにびきメッセ601会議室」

 受検手数料等

  申し込み前に口座振込により支払い、申込書の裏面に振込領収書の写しを貼る必要があります。
  ※書留による郵送及び申し込み時の現金による支払いはできませんのでご注意ください。
  (1)受検手数料 7,000円(受験者全員)
  (2)受講手数料 3,000円(受検準備講習希望者のみ)

 受付期間

  平成30年7月2日(月)から8月17日(金)まで
  ※当日消印有効で、郵送による申し込みも受け付けます。

 問い合わせ及び申し込み先

  島根県下水道協会
   〒690-0826 松江市学園南1-17-24  松江市上下水道局 総務課内
    TEL:0852-55-4909 FAX:0852-55-4890
  

 申込要項及び申込書等は、市役所下水道課の窓口で配布しています。
 なお、締め切りは平成30年8月17日(金)ですので、申し込み希望者の方はなるべく早めに手続きをして頂くようお願いします。