森林法(昭和26年法律第249号)第10条の6第3項の規定により大田市森林整備計画を変更したので、同法第10条の6第4項に基づき公表します。

 大田市森林整備計画(計画期間:平成27年4月1日から平成37年(2025年)3月31日)を「森林経営管理法」、「林地台帳制度」の施行及び地域森林計画の内容変更にあわせて一部変更いたしました。(発効:平成31年4月1日)

pdfファイル「大田市森林整備計画」をダウンロードする(PDF:16.8MB)

 

森林整備計画について

  森林整備計画は、森林計画制度の中に位置づけられたもので、森林法第5条で規定される地域森林計画の対象となる民有林で5年ごとに作成する10年を1期とした計画制度です。

  森林計画制度には、国の定める全国森林計画、都道府県の定める地域森林計画、市町村の定める市町村森林整備計画があります。

大田市森林整備計画

  本計画では、「森林整備・木材生産の基本方針」「森林機能に応じた機能別森林に関する事項」「間伐の推進に関する事項」「伐採の中止または造林の命令に関する事項」「森林経営計画の作成に関する事項」「森林整備・木材生産を行う際の技術的基準・指針等」等を定めています。

  上位計画の全国森林計画、地域森林計画に適合した形で定めるため、それぞれの計画に沿った基準となっています。