1 計画概要

 大田市データヘルス計画の概要は、次のとおりです。

1 策定の目的

 大田市国民健康保険加入者のみなさまの健康保持や健康増進のため、保有している健康や医療に関する情報を活用して、健康課題の分析を行い、効果的かつ効率的な保健事業を実施するため、平成29年3月に「大田市データヘルス計画」を策定しました。

2 計画期間

 平成29年度から平成31年度までの3年間です。(「大田市健康増進計画」との整合をとるため)

3 成果目標

 データ分析により、「脳血管疾患」「糖尿病」「がん」「高血圧性疾患」といった疾病が死亡や要介護の大きな原因となっていることが分かりました。
 これらの疾患は生活習慣に起因することが多いことから、早い段階で支援することにより発症や重症化が予防できると考えます。
 そこで今回は、さまざまな疾患との関連性が大きい「糖尿病」に特に力を入れて取組を行います。

 目標「糖尿病を減少させ、患者数および医療費の抑制を図る」

4 今後の取組

 具体的には、次の大きな柱を立てて取り組みます。

 1.特定健康診査の受診率、特定保健指導の実施率の向上対策(未受診者対策)
 2.特定健康診査受診者に対するフォローアップ
 3.人間ドックの実施(費用助成)、がん検診自己負担額助成、医療費の通知
 4.糖尿病対策における今後の取組の検討、各機関との連携推進

5 評価

 国保データベースシステム(KDB)等の情報を活用し、毎年評価を行います。また、経年変化での比較や、県あるいは同規模保険者との比較し評価します。

2 計画本文

 大田市データヘルス計画の本文等は、以下のファイルをダウンロードしてください。

 pdfファイル「大田市データヘルス計画(表紙)」をダウンロードする(PDF:75.885KB)
 pdfファイル「大田市データヘルス計画(目次)」をダウンロードする(PDF:54.328KB)
 pdfファイル「大田市データヘルス計画(本文)」をダウンロードする(PDF:670.603KB)