受診される前に、「限度額適用認定証」または「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を  受け、医療機関で保険証と一緒に提示することで、医療機関への支払額が自己負担限度額までとなります。

 

 手続方法

  市民課保険年金係または各支所市民生活課の窓口で手続きしてください。

    ◎手続きに必要なもの:国民健康保険被保険者証、はんこ、身分証明書(運転免許証等)

 

excelファイル「自己負担限度額の詳細についてはこちら」(XLSX:17kB)

 

    年齢や所得区分によって自己負担額が異なります。また、世帯員の構成が変わったり、所得の異動に             よって世帯の所得等が変わり、限度額区分が変わった場合には認定証も変わる場合があります。