対象となるかた

◎75歳以上のかた
 →75歳のお誕生日から対象となります
◎65歳以上の一定の障がいがあると認定されたかた
 →市町村の窓口で申請し、認定を受けた日から対象となります


※生活保護受給者は、後期高齢者医療制度の被保険者にはなりません。                          ※一定の障がいとは、主に次の基準に該当する状態です。                                        ・国民年金法等における障害年金:1・2級                                                    ・身体障害者手帳:1・2・3級および4級の一部                                            ・精神障害者保健福祉手帳:1・2級                                                   ・療育手帳:A

届出について

75歳の誕生日に対象となるかたは届出の必要はありません。
65歳以上75歳未満で一定の障がいの認定を受けるための届出方法は下記のとおりです。

 一定の障がいの認定を受けるために必要なもの

  1. 障がいの状態を明らかにするための書類(次のうちどれか1つ)
     ・年金証書(障害年金) 
     ・身体障害者手帳 
     ・精神障害者保健福祉手帳
     ・療育手帳                                                           ・
  2. 現在お持ちの被保険者証
  3. 認印

※詳しくは、市民課保険年金係までお問合せください。