保険証を窓口に提示すれば、医療費の一部を負担するだけで診察や治療などの医療が受けられます。
自己負担割合は、かかった医療費の1割ですが、現役並み所得者(下記参照)は3割となります。

○現役並み所得者とは?

本人または同一世帯の住民税課税所得が145万円以上のかた。
※ただし、世帯内の被保険者の収入の合計が、次に該当するかたは、申請することで1割負担となります。
 ◎後期高齢者単身世帯の場合   ・・・383万円未満
 ◎後期高齢者二人以上世帯の場合・・・520万円未満(後期高齢者の合計)
 ◎同一世帯に70歳から74歳のかたがいる後期高齢者世帯の場合
                       ・・・520万円未満(70歳以上のかたの合計)

入院したときの食事代

入院したときは、食事代などの自己負担があります。

入院時食事代の標準負担額

所得区分(※1) 標準負担額
現役並み所得者、一般 360円
低所得者
Ⅱ(※2)
90日までの入院 210円

過去12か月で
90日を超える入院

160円
低所得者Ⅰ(※2) 100円

(※1) 所得区分については、「医療費の自己負担限度額と高額療養費について」をご覧ください。
(※2) 低所得者Ⅰ・Ⅱのかたは、入院の際に「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となりますので、市民課保険年金係の窓口に申請してください。

療養病床に入院したとき

療養病床に入院した場合は、食費と居住費の一部の自己負担があります。
詳しくは、市民課保険年金係までお問合せください。