まちづくり推進事業構築のポイント

1)コミュニティ機能の維持や活動の活性化が図れる単位への再構築
2)行政と住民の役割の明確化と協働を推進することに対する意識改革
3)地域をけん引するリーダーの育成
4)自主的な取り組みの定着化へ向けた活動の支援
5)情報の共有化と市政への住民の意見反映の推進

まちづくり活動の支援

(1)ブロックまちづくり活動の推進

 ◆まちづくり委員会運営支援

【事業概要】 まちづくり委員会を活発かつ円滑に運営する
              ために必要な経費支援
【対象事業】 まちづくり委員会の運営に係る経費
【限度額】  10万円

 ◆まちづくり委員会活動支援

【事業概要】 まちづくり委員会が課題解決に向けた取組みと地域目標等を定めたまちづくり計画

      に基づく活動を実行するための経費

【対象事業】 まちづくり計画に基づく実践活動
【交付率】 10/10以内
【限度額】  30万円

  ※ まちづくり委員会とは、地域住民が主体となり地域間の連携と広域的な地域課題の解決

    及びまちづくりを推進する目的で、市長が承認した組織です。

     (詳細:大田市まちづくり委員会設置要綱)

(2)地区まちづくり活動の推進

 ◆まちづくりセンター活動支援

【事業概要】 まちづくりセンターが、まちづくりを活発かつ円滑に
              実施するための経費支援
【対象事業】 まちづくりセンターの運営及び活動に係る経費
【交付額】  定額