コロナ禍で活動の場が限られてしまった各神楽団、社中の新たな活動の場としてオンラインを用いた公演を行うことで、3密を避けて大田市の石見神楽を広くPRできる「新しい形の石見神楽公演の場」を創造していきます。

石見神楽を応援してくださる方々に対して、いわば特等席で公演を鑑賞していただき、演目の解説や特別に舞台裏を紹介、団員と対話する企画を行うことで鑑賞や交流の機会を創出するとともに、視聴券や各種プラン、社中オリジナルグッズの購入によって活動を応援し、実際に訪れたくなる仕組みづくりの一環とします。

まずは、第1回を日本遺産の構成文化財に認定されている「佐比賣山神社 多根神楽」にて上演、今後市内神楽団すべてが公演する配信を計画しています。

なお、配信・PRは大田市IT誘致企業と地元カメラマン、クリエイターが協力して支援していただいています。

pdfファイル「石見神楽有料オンライン公演について」をダウンロードする(PDF:57kB)