子宮頸がん検診 ~HPV併用検診をお勧めします~

 子宮頸がんは、ヒト・パピローマウィルス(HPV)が関与していることがわかってきました。性交経験のあるほとんどの女性が一度はこのウィルスに感染します。

 従来の検診(細胞をとってがん細胞の有無を検査)に、このウィルスの検査を併用することで、子宮頸がんになる可能性や次回の検診をいつ受けたら良いかが分かります。

対象者

  • 年度末現在20歳以上で大田市在住の方

自己負担金

  • 子宮頸がん検診      ・・・1,000円
  • HPV検査(希望者のみ) ・・・1,000円
 ※次に該当する方は、自己負担金が減額になります。確認のため、保険証や証明書などの掲示が必要です。
  • 半額になる方・・・大田市国民健康保険加入者又は後期高齢者医療加入者
  • 無料になる方・・・生活保護世帯の世帯員、市民税非課税世帯の世帯員、福祉医療受給者
  
  ※『各種がん検診用市民税非課税証明』は、市役所(市民課)・各支所・各まちづくりセンターで手続きできます。証明書発行には、手数料が必要です。

検診内容

  • 問診と細胞診(子宮頸部の表面からとった細胞を、顕微鏡で調べるもの)

注意すること

  • 服装はスカートが便利です。
  • 生理中での受診は、できるだけ避けてください。
  • 不正出血など気になる症状のある方は、検診の受診を待たず、できるだけ早く医療機関を受診してください。

検診日程

日時 会場
10月4日(金)  9:30~11:00 温泉津まちづくりセンター 
10月8日(火)  9:30~11:00 大田市民会館 
13:30~15:00
10月9日(水) 13:30~15:00 仁摩保健センター 
17:30~19:00
10月11日(金) 9:30~11:00 大田市民会館
13:30~15:00
11月14日(木)  13:30~15:00 大田市民会館 
17:30~19:00
11月15日(金) 13:30~15:00 大田市民会館 
17:30~19:00
11月21日(木) 9:30~11:00 大田市民会館 
13:30~15:00

検診結果

  • 結果は、個人通知にてお知らせします。

 ※検診は、大田市が検診機関へ委託して実施していますので、検診結果は検診機関から大田市へ報告されることをご承知おきください。

~HPV検査結果が陰性であった場合、次回3年後の検診になります~

  • HPV検査を受けられた場合、結果により検診間隔が決まります。ご自分の結果を確認し、下記の表を参考に忘れずに検診を受けましょう。 

 

  • pdfファイル子宮頸がんHPV併用検診間隔」をダウンロードする(PDF:124.475KB)

 ※平成29年度または平成30年度に子宮頸がん検診を受診し、HPVが陰性であった方は、平成31年度は子宮頸がん検診の対象者になりませんのでご注意ください。